外壁塗装を少しでも安く!外壁塗装の費用を安くする方法とは!?

外壁塗装
  • はじめての外壁塗装である
  • 新築から十年経過している
  • 前回の外壁塗装が高額だった
  • 少しでも安く外壁塗装を行いたい
  • 悪徳業者にだまされるのは絶対に嫌だ

あなたのお住まいも早いもので外壁塗装の時期になりましたね。

ご近所さんが外壁塗装を行ってたりすると「そろそろ自宅も…」と気になるものです。

しかしながら外壁塗装というのは高額なので、気軽にできるものでもありません。

外壁塗装は行いたいけど、費用はできるだけ抑えたいと思うのは当然。

わたしは、これまで300棟以上の建物の外壁塗装をこの手で行ってきました。
そのため外壁塗装に関する現場経験や知識は豊富に持ち合わせています。

もちろん高品質な外壁塗装をどこで頼めば安く行えるのか?という事も知っています。

外壁塗装を安く行える方法とは、あなたの地域で活躍している塗装屋さんに依頼する事です

この記事は、外壁塗装を少しでも安く行いたいあなたに向けた内容になっています。

最後まで読んでいただくと、外壁塗装は結局どこで頼めばいいのか?
ということまでわかります。

外壁塗装を安く行うには相場をしっておくことが大切

まずは相場をしっておく

外壁塗装を安く行いたいのであれば、まずは相場を知っておくことが大切ですね。

30坪くらいの一般的な住宅で外壁塗装をおこなうと80万円~120万円くらいにおさまることが多いです。

広告やチラシなどで見かける「外壁塗装30万円!」というのにだまされないでください。

30坪の住宅を30万円で外壁塗装を行うのは絶対に無理です。

外壁塗装30万円という破格の値段で消費者をつっておいて、結局高額な見積もりになる悪徳業者による手法なので、だまされないように。

外壁塗装の費用は面積や使用する塗料のグレードによってかわる

塗料のグレードでも安さがかわる

外壁塗装の費用というのは、外壁の面積、選ぶ塗料のグレードだけでなく、外壁の劣化状態などにも左右され、業者によっても価格は前後します。

外壁に使用される塗料は、流行みたいなものがあるのですが現在の主流はシリコン系の塗料

塗料のグレードを落とすと、たしかに外壁塗装を安く行うことができるのですが、グレードの低い塗料は耐候性もわるく問題になりやすいので業者も使用したがりません。

流行している塗料を使用したほうが、価格と性能のバランスが良いので、おすすめ。

グレード 耐用年数 施工単価/㎡ 代表的な塗料名称
【ニッペ】日本ペイント
【カンペ】関西ペイント
アクリル系 5~7年 1,200~1,600円
【ニッペ】ケンエース、オーデグロス 
【カンペ】アレスアクアグロス
【エスケー】水性コンポアクリル、プリーズコート
ウレタン系 8~10年 1,800~2,200円
【ニッペ】水性ファインウレタンU100
【カンペ】アレスアクアレタン、セラMレタン
【エスケー】クリーンマイルドウレタン
シリコン系 10~15年 2,500~3,000円
【ニッペ】ファインシリコンフレッシュ、ハナコレクションシリーズ、サーモアイSi
【カンペ】セラMシリコンⅢ
【エスケー】クリーンマイルドシリコン、クールタイトSi、ヤネフレッシュSi
ラジカル制御 12~15年 2,500~3,000円
【ニッペ】パーフェクトトップ
【カンペ】アレスダイナミックTOP
【エスケー】エスケープレミアムシリコン
フッ素 15~20年 3,500~4,800円
【ニッペ】ファイン4Fセラミック、サーモアイ4F
【カンペ】セラMフッソ
【エスケー】クリーンマイルドフッソ、クールタイトF
【AGCコーテッック】ルミステージ
光触媒 15~20年 4,200~5,000円
【ピアレックス・テクノロジーズ】ピュアコートANプラス
無機塗料 20~25年 4,500~5,500円
【ニッペ】ダイヤモンドコート、アプラウドシェラスターNEO
【カンペ】ムキフッソ
【エスケー】セラミタイトペイント、スーパーセラタイトF
【アステックペイント】無機ハイブリッドコートJY、スーパーシャネツサーモF

外壁塗装といっても実際は外壁以外も一緒に塗装することが大半。
雨どいやトタン部分などや屋根も足場を設置したついでに塗装しておいた方がお得。

屋根塗装も同時がお得! プロ直伝!屋根塗装の相場とは!?スレート(コロニアル)編!

塗装する部分によって単価がちがうので、下の表を参考にしてください。

外壁塗装 工事項目別の単価の目安
項目 単価(円) 備考
仮設足場 700/㎡~1,000/㎡
飛散防止ネット込み
高圧洗浄 150/㎡~250/㎡
下地処理 内容による。一式で表記されることもある
養生 300/㎡~500/㎡
外壁
下塗り 600/㎡~1,000/㎡
中塗り・上塗り 2,500/㎡~3,000/㎡ シリコン系塗料
屋根(スレート)
下塗り 600/㎡~1,000/㎡
中塗り・上塗り 1,600/㎡~2,000/㎡ シリコン系塗料
付帯部
軒天 800/㎡~1,000/㎡
破風 600/m~1,000/m ウレタン系塗料
雨どい 1,000/m~1,200/m ウレタン系塗料
雨戸 2,000~3,000 1枚あたり
霧よけ 1,800/㎡~2,000/㎡ ウレタン系塗料
水切り 600/m~800/m ウレタン系塗料
諸経費
業者によりばらつきが大きいので一概に言えない。
総額の約2割以下が理想

上記が外壁塗装のおもな工事項目の相場になります。この表を参考にすると自宅の外壁塗装のおおよその費用が計算できます。

実際業者に依頼する際はさまざまな経費がどうしても上乗せされてしまうので、あなたの計算より高くなると思います。

塗装項目ごとに面積や長さをはかって計算するのは大変なので、坪数×3万円を目安に相場の目安にしてください。

延べ床面積 外壁面積の目安 費用相場の目安
25坪 100㎡ 75万円
30坪 120㎡ 90万円
35坪 140㎡ 105万円
40坪 160㎡ 120万円
45坪 180㎡ 135万円
50坪 200㎡ 150万円
55坪 220㎡ 165万円
60坪 240㎡ 180万円

外壁塗装が安くない原因は工程にも理由がある

外壁塗装の工程例

外壁塗装というのは建物を維持するための工事。外壁塗装業を経験したことがある人ならわかると思いますが、外壁塗装は単に外壁に色をつけて見た目をキレイにするだけいの工事ではありません。

建物を長く維持するために外壁を紫外線や雨風などから保護するためにコーティングする工事です。

そのために、外壁塗装には実際に塗料を塗る以外にも作業工程があり、それに時間と手間がかかるので、どうしても高額になってしまいます。

外壁塗装は手間がかかる! 手抜きは許さない!必見!これがプロの外壁塗装の作業工程だ!

外壁塗装が安くない原因のもうひとつが足場費用。ほとんどの住宅では足場の設置が必要となり、足場費用は30坪くらいの一戸建てで15万円~20万円の間になることが多いです。

外壁塗装の足場に関する詳しい記事を用意してありますので、あわせてご覧ください。

外壁塗装に足場は必要? 外壁塗装に足場が必要な理由。現役塗装職人が語る足場の相場と必要性

外壁塗装の格安業者の実態をプロが暴露

安いのには理由がある!

外壁塗装を行うには多くの費用がかかるので、できる事であれば安く済ませたいと思うのは当然で誰もが思うこと。

しかしながら価格の安さだけ注目してしまうと、外壁塗装が失敗におわる可能性がかなり高くなります。

その理由は、業者が安く工事を行うには、手抜き工事をするか、職人の人権費を抑えるかになるから。

手抜き工事や詐欺的な手法で、安い料金でも利益ををあげている業者には注意が必要。

たしかに、工事が完了してあなたが支払う金額は安いのかもしれませんが、手抜き工事により外壁に塗られた塗料が本来の機能を発揮しない可能性が考えられます。

そのため本来なら10年の耐久性を持つ塗料であっても、数年で外壁の塗膜の色あせやはがれが出てくることもあります。

恐怖! 外壁塗装は手抜き工事が頻発!?プロが伝える手抜き塗装の手法

格安業者が利益をあげるために行う人件費の削減ですが、うでの良い職人は、そういったところで働きません。このあたりは想像していただくと簡単に理解できると思います。

このような事が、外壁塗装の価格の安さだけに、こだわると失敗する理由になります。

暴露! 手抜きは許さない!必見!これがプロの外壁塗装の作業工程だ!

外壁塗装を安く行うための業者えらび

業者ですべてがキマル!

外壁塗装は建物をキレイするだけが目的ではありません。

外壁のヒビ割れの処理をして、塗料で外壁を保護し、長く雨漏りのしない住まいを目指すメンテンナンスが外壁塗装。

下手な業者にたのんでしまうと、数年で塗料が色あせてきたり、外壁がムラになったりすることも。

そういった手抜き工事を平気で行う悪徳業者は絶対にさけたいですよね。

ここまで読まれたあなたは、外壁塗装の相場や業者について理解がふかまっている事でしょう。

それでは、外壁塗装を安くを行うためには、どのようにすればいいかお伝えさせていただきます。

外壁塗装業者 プロのコメント
大手ハウスメーカー 保障面で安心できる
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用はかなり高い
詳細 え!ハウスメーカーの外壁塗装が高すぎ!依頼するメリットはあるの?
工務店系 塗装工事以外のリフォームも頼める
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用は高め
詳細 外壁塗装を工務店に依頼するメリットはある!?プロが語る裏事情!
外壁塗装の営業会社
とびこみ営業など良いイメージがない
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用は高い
ホームセンター
家電量販店
外壁塗装の費用は高め。
そもそも業種が違うので外壁塗装の依頼先として疑問
詳細 ホームセンターで外壁塗装を依頼!メリットある?プロの回答は!?
地域の外壁塗装業者
コストパフォーマンスがよい!
ほぼ自社施工
優良業者を探す方法が問題だが、一括見積サイトで解決できる!
詳細 外壁塗装の一括見積!比較ランキング!プロ推薦!おすすめトップ3!

外壁塗装を安く行うためには、地域で活躍する塗装業者の中から、2~3社を選び、それぞれの見積もりをもらう事です。

地域の塗装業者は地域の評判を大切にしています。当然ですよね?

評判がその塗装業者の生命線になっているのですから。
評判を落としてしまっては塗装業者として生きていくのは非常に困難なものとなります。

地域の塗装業者は派手な宣伝や広告などに経費をかけていない事がほとんどなので、その分あなたが支払う外壁塗装に還元され安くなる傾向にあります。

そういった業者に数社問い合わせをして、見積もり比較をして金額の安いところに依頼すれば、外壁塗装を少しでもや安くおこなう事ができます。

しかしながら、地域の塗装業者の中から数社を自分で見極め、連絡して、見積もり比較をして依頼しなかった業者に断りの連絡をするのは、ちょっと面倒だと思われる方がおおいです。

業者の中には合い見積もり(数社の業者の見積をとること)に嫌な顔をするところも。怒り出す業者まで。

業者えらびで、このような事をさけたいのであれば、一括見積もりサービスが便利。

一括見積もり? 【外壁塗装】一括見積にデメリット?多くのメリットをプロが解説!

火災保険で外壁塗装が安くなる??

火災保険は火災だけの保険ではない!

住まいに万が一の事故があった場合にそなえて多くの方が火災保険を契約しています。

火災保険は自宅が火災にあったときだけでなく、強風、ひょう、雪など災害で住まいが被害にあったときにも補償されます。

補償される範囲は契約している火災保険の種類によって違うので下の表を参考にしてくさい。

住宅火災保険 ・最もスタンダードな火災保険
・火災、落雷、爆発、雪害、ひょう災などの損害に対応
住宅総合保険 ・住宅火災保険でカバーできない損害を補償
・水漏れ、盗難、集団行動による被害など...
オールリスクタイプ ・住宅総合保険でも対応しきれない事故に対応
・各保険会社によって、補償内容がことなる。
特約火災保険 ・ローンにより購入した建物にローン完済まで加入する保険

お住まいが事故にあい修繕が必要になった場合、火災保険で補償できるケースも多くあります。

事故にあった箇所を修繕するついでに外壁塗装をおこなえば外壁塗装を安くお得に行うことができるのです。

これはお得! 外壁塗装を火災保険でお得に行う方法!プロが手順を解説!

まとめ:外壁塗装を少しでも安く行うには合い見積もりが必須!

相見積もりは必須!

相場より異常に安い外壁塗装には危険が潜んでいます。大切な家を守るために、ある程度の出費は覚悟してください。

相場の中で、少しでも安く行いたいのであれば地域の塗装屋さんに合い見積もりをとるのがポイント。

数社の外壁塗装の業者を比較することが外壁塗装を成功させるコツです。

見違えるようにキレイになった自宅を想像しながら、優良業者を見つけてくださいね。

必見! 外壁塗装の一括見積サイト比較!プロがすすめる見積サイト3選!

タイトルとURLをコピーしました