プロ直伝!外壁塗装成功術!費用や業者など疑問まるわかり!

はじめての外壁塗装であったり、過去に外壁塗装で失敗した経験があったりするあなたは、外壁塗装に関して、不安や疑問でいっぱいなのではないでしょうか?

大切なお住まいを維持するためには外壁塗装は定期的に行っていただきたい建物のメンテナンス。

はじめまして。わたしはこれまで300棟以上の外壁塗装をこの手で行ってきた経験があります。

いろいろな建物の外壁工事や塗装工法を実際に施工したきたので、実体験がもとになる知識が豊富です。

一般の方にとって外壁塗装というサービスは、はっきりしない部分が多く、ベールで被われているように感じることでしょう。

インターネット上には外壁塗装の情報も豊富ですが、間違っている情報もみかけ、ちょっとモヤモヤした気分になってしまいます。

外壁塗装をお考えのあなたに、わたしの経験にもとづく正しい知識を伝えたいという思いで、この記事を作成しました。

あなたの大切な住いのメンテナンスの手助けに少しでもなれば、さいわいです。

外壁塗装の費用について

ある程度の相場はある

あなたが外壁塗装で一番知りたいことは、外壁塗装の費用ではないでしょうか?わたしも、よく費用について聞かれる事が多いです。

外壁塗装っていくらかかるんですか?

 

塗装のプロ
塗装のプロ

申し訳ありませんが、はっきりとした金額をお伝えする事はできません。

お住まいの建物の劣化具合や立地状況、大きさなどで外壁塗装の費用はかわってくるので、明確な金額をお伝えすることができません。

外壁塗装の金額は、このように定価の存在しないものなので、おおよその相場をお伝えするしかありません。

外壁塗装の業界には悪徳業者が実際に存在し、相場をはるかにうわまわる金額を提示してくるケースもあります。

悪徳業者対策のためにも、外壁塗装の相場をしっておくことは重要。

外壁塗装にかかる費用の相場については、下の記事を参考にしてください。

プロ直伝! 必見!現役のプロが教える外壁塗装の相場!5秒でわかる外壁塗装費用

外壁塗装はリフォームローンが利用できます

リフォームローンをうまく活用

外壁塗装の費用は高額です。予算の関係で外壁塗装を先のばしにされてる方もいらっしゃいます。

しかし外壁のメンテナンスをあまり先のばしにしてしまうと、外壁の劣化がすすみ、場合によっては外壁の補修に多くの費用がかかる場合もあります。

あせって行うことは、ありませんが余計な出費を防ぐためにも、外壁塗装の時期を大きくはずれない事が望ましいです。

そうはいっても、なかなか予算の都合がつきませんよね。

外壁塗装の時期とお子さんの学費など家庭の出費がかさなってしまうとなおさら。

外壁塗装の予算がとれそうにないんですけど…

塗装のプロ
塗装のプロ

リフォームローンを検討されては、いかがでしょうか?

 

外壁塗装の費用を用意するのが難しい場合、リフォームローンを活用することも、ひとつの手段です。

もし住宅ローンを支払い中であれば、借入先の銀行のリフォームローンが低金利で利用できる可能性も高いです。

リフォームローンを検討される方は、下の記事に詳しくまとめてありますので参考にしてください。

ローンがお得!? 外壁塗装ローンのメリットとデメリット!ローンは銀行がオススメ!

外壁塗装が必要な時期について

外壁塗装は10年ごとが理想

外壁塗装は10年ごとにおこなう事がのぞましいです。

外壁塗装の時期が10年であるということは一般のかたにも浸透してるようなので、あなたもご存じだと思います。

わたしも外壁塗装を行ったお客様より「10年後もお願いします」とよくいわれるので、外壁塗装の時期については、多くの方が認識されているのだと感じています。

なぜ外壁塗装は10年ごとなの?

塗装のプロ
塗装のプロ

塗料の性能が失われていくのが10年くらいからだからです。

外壁をさわると、手に白い粉がつきませんか?これはチョーキングといって塗料の顔料が劣化したもの。

10年という目安は塗料の耐久性の問題だけでなく、建物は10年も紫外線、雨風にさらされていると、外壁のひび割れ、コーキング劣化など、なんらかの不具合が生じるものです。

定期的なメンテナンスで大切な家を守ってください。

いつやるの? だまされるな!外壁塗装の時期って?現役プロが教える最適な時期とは?

なぜ10年? 【プロ目線】外壁塗装が10年はホント?10年には理由がある!

そもそも外壁塗装ってホントに必要?外壁塗装の必要性。

外壁塗装って、やらなきゃダメ!?

そもそも外壁塗装ってホントにやらなきゃだめですか?

塗装のプロ
塗装のプロ

住まいの機能である防水性を維持する視点からでも、外壁塗装は重要です。

 

近々、あなたは自宅の外壁塗装を予定されていると思います。それは、どうしてでしょうか?

外壁が汚れてきたからでしょうか?外壁塗装を行うと、外壁が見違えるようにキレイになります。

どんな業者がおこなっても、ある程度キレイになるでしょう。

自宅の建物をキレイにしておく事も、近隣の美観を保つという意味でも重要です。

しかし、外壁塗装を美観目的だけでえ考えていると、手抜き工事をされてしまう可能性が高くなります。

だまされるな! 外壁塗装は手抜き工事が頻発!?プロが伝える手抜き塗装の手法


外壁塗装は美観だけでなく、建物を長く維持するために塗料で外壁をコーティングする工事です。

手抜き工事をされると10年先のメンテナンス時期まで塗装が持たないこともあります。

外壁塗装の本当の必要性を理解していただくための記事を作成していますので、是非ごらんください。

プロがそっと教えます 外壁塗装の必要性。プロがあなたにだけ教える外壁塗装の意味

外壁塗装の見積もりについて

相見積もりが基本!

外壁塗装を業者は、建物の面積や使用する塗料などをもとに見積書を作成します。

一概に見積書のよし悪しが、優良業者の決め手となるわけでは、ありませんが、なるべく詳細に書かれた見積書の方が、塗装箇所や面積、塗料がわかるので、のちのトラブルを避けることができます。

口頭で工事内容の詳細をきめる業者もいますが、やはり書面がある方が「言った!言わない!」などと後で面倒な事にならなくて済みます。

外壁塗装を頼む際には業者えらびがすべてといってもいいくらい重要。

業者選びの際には2~3社の見積もりを比較してください。

比較は見積もりがの金額だけでなく、工事の内容、使用する塗料、面積がキチンと記載されているかも、業者の判断基準のひとつ。

判断基準ひとつ 外壁塗装の見積もりはどこでもらう?プロ直伝の見積知識!

失敗しないために… プロも推薦!外壁塗装の相見積もりで成功を勝ち取る!

外壁塗装を依頼する!業者について

業者えらびですべてがキマル!

外壁塗装をDIYでおこなう方もいらっしゃいますが、プロの観点からオススメしません。

外壁塗装はただペンキを塗るだけの工事ではなく、知識や経験が必要です。

こういった知識や経験が豊富な業者に依頼することが外壁塗装を成功させる一番のポイント。

まず外壁塗装の依頼先は大きく4つに分類することができ、それぞれ特徴があります。

外壁塗装業者 プロのコメント
大手ハウスメーカー 保障面で安心できる
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用はかなり高い
詳細 え!ハウスメーカーの外壁塗装が高すぎ!依頼するメリットはあるの?
工務店系 塗装工事以外のリフォームも頼める
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用は高め
詳細 外壁塗装を工務店に依頼するメリットはある!?プロが語る裏事情!
外壁塗装の営業会社
とびこみ営業など良いイメージがない
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用は高い
ホームセンター
家電量販店
外壁塗装の費用は高め。
そもそも業種が違うので外壁塗装の依頼先として疑問
詳細 ホームセンターで外壁塗装を依頼!メリットある?プロの回答は!?
地域の外壁塗装業者
コストパフォーマンスがよい!
ほぼ自社施工
優良業者を探す方法が問題だが、一括見積サイトで解決できる!
詳細 外壁塗装の一括見積!比較ランキング!プロ推薦!おすすめトップ3!
塗装のプロ
塗装のプロ

外壁塗装を失敗しないためには、業者えらびが重要です。

外壁塗装の工程について

外壁塗装はただ壁を塗るだけの工事ではなく、足場の設置であったり下地処理であったりと塗装以外にも行う工程があります。

外壁塗装はどういった手順ですすんでいくのか、前もって工程を知っておき、手抜き工事の被害から大切な家を守りましょう。

塗装のプロ
塗装のプロ

外の工程をおおまかに知っておくことで手抜き工事を避ける事ができます。

 

外壁はモルタル?それともサイディング?

現在、ほとんどの住宅はモルタル外壁かサイディング。外壁の種類によって塗料や工事内容が多少かわってきます。

モルタル外壁に関して

モルタル外壁は防火性にすぐれますが、ヒビが入りやすいのがデメリット。

・モルタル外壁についての記事をご覧ください。

モルタル外壁の塗装工程!リシン!吹き付けタイル!スタッコ!
あなたのお宅はモルタルの外壁でしょうか?一般住宅で多いのが、モルタル外壁かサイディング。サイディングは縦に目地があり、コーキング処理されていますが、モルタル外壁には、このような目地がありません。モルタル外壁かどうか、わからない時に...
リシン外壁の塗り替え!プロが伝えるリシン外壁塗装!
リシン仕上げの外壁にお住まいでしょうか?あなたのお住まいは新築から数十年経過していると思います。わたしは、これまで300棟以上の外壁塗装をおこなってきました。むかしは、リシンの外壁の建物のお宅の塗り替え工事をよくおこなった...

 

サイディング外壁に関して

サイディング外壁は目地があるのが特徴。デザイン性の高いサイディングは透明な塗料で仕上げることで、風合いを生かすことができます。

・サイディング外壁に関しての記事

サイディングはコーキングの打ち替えが必須!プロが伝える外壁塗装
サイディングの一戸建てにお住まいでしょうか?ひとことにサイディングといっても、窯業系、樹脂系、金属系、木質系とありますが、一番普及しているサイディングが窯業系。窯業系サイディングの主な原料はセメントと繊維質。あなたのお住まいも、きっと窯業...
レンガ調サイディングの外壁塗装!透明な塗料でクリア仕上げにする!
あなたのお住まいはレンガ調サイディングの外壁で間違いないでょうか?もし本物のレンガづくりの建物であれば外壁塗装の必要はないので、この記事を読む必要はありません。レンガづくりは、レンガ自体が重いので、家の総重量が思くなります...
透明塗料!?サイディングはクリア塗装の工程!以外に安くてキレイ?
一般住宅の外壁で多くつかわれている窯業(ようぎょう)系サイディング。耐震性、防火性が高いので、住宅の外壁に適しています。このサイディングはデザインが豊富で、レンガ調、タイル調、石目調などとさまざまな模様のものがあります。...
サイディングの外壁塗装!工程、塗料、費用やポイントをプロが解説!
ひとことにサイディングといてもサイディング材には種類があります。窯業(ようぎょう)系、金属系、木材系、樹脂系の中でもとくに人気が高いのが窯業系サイディング。あなたのお住まいも窯業系のサイディングだと思います。窯業系...

外壁塗装の工事中にはストレスを感じます。

これは、あまり語られない事なのですが、外壁塗装の工事にはいると、いろいろとストレスをかんじる事があります。

普段はない足場が設置され、足場にはネットが張られます。

実際に塗装にはいる前には、窓に塗料がつかないようにビニール養生を行います。

数日間、窓がビニールでおおわれて、開閉できない箇所もあるかもしれません。

これだけでも、かなりのストレスになります。

それだけでなく、見知らぬ外壁塗装の職人が毎日あなたの家にやってきて足場の上で作業をおこないます。在宅されている方には相当なストレスでしょう。

外壁塗装において、こういったストレスはつきもので、お客様に協力いただくほかありません。

しかし、まえもって外壁塗装にはどんなストレスがあるのか知っておくことでストレスの軽減になるのではないかと考え記事にまとめました。

塗装のプロ
塗装のプロ

外壁塗装の工事はストレスになるということを、あらかじめ知っておいてください。

 

外壁塗装でよくある疑問

  • 職人さんに自宅のトイレを貸すべき?
  • お茶出しってどうしたらいいの?
  • 外壁って、3回塗りってホント?
  • 悪徳業者が心配なんだけど
  • 外壁塗装ってDIYでできる?

職人のトイレについて

職人さんって自宅のトイレを使うんですか?

塗装のプロ
塗装のプロ

お客さま宅のトイレをお借りすることは、基本的にありません。

 

基本的に、外壁塗装の職人にトイレは貸さなくても大丈夫。

外壁塗装の職人はコンビニなどトイレを借りれる店舗や施設を利用します。

もし近所にトイレを借りることができる店舗、施設、公園などがまったくない場合、ご自宅のトイレをお借りする場合もあります。

お茶出しについて

お茶出しってどうすればいいの?

塗装のプロ
塗装のプロ

お茶出しは、しなくても全く問題ありません。

 

ご自宅にいらっしゃる奥様が気がかりな「お茶出し」

お茶出しは、絶対に必要なことではありません。お茶だしをしないからといって職人が不機嫌になるというような事はないと思ってください。お茶だしは工事内容に影響しません。

ただ「お茶出し」にはメリットもあります。

毎回のお茶出しは大変ですし、とくに職人も気にしていないので、お茶出しはしなくても、まったく問題ありません。

外壁の塗装回数について

外壁って、何回塗るんですか?

塗装のプロ
塗装のプロ

通常は3回塗りです。

 

外壁は基本的に下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りで仕上げます。

基本の3回塗りをしない悪徳業者もいたりするので、注意。

外壁塗装は3回塗りが基本!?注意!2回しか塗らない業者もいる!!
あなたがご存じのとおり外壁塗装では下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本。しかし悪徳業者の中には、下塗り、上塗りの2回塗りしかしない業者もいます。このように通常3回塗りのところを2回塗りで済まされてしまうと、耐候性に問題が...

悪徳業者に関して

あなたを怖がらせるつもりはないのですが、外壁塗装の業界には悪徳業者が存在します。

しかし、外壁塗装の知識を身に着けることで悪徳業者を回避できる可能性が高まります。

わたしの感覚ですが、むかしと比較すると最近は悪徳業者が減ってきたように思えます。
むかしより悪徳業者の情報を耳にすることが少なくなってきています。

悪徳業者に注意することは必要ですが、過敏になりすぎない事も大切。過敏になりすぎて優良業者をのがしてしまう可能性も。

悪徳業者の特徴を知っておくことが、外壁塗装を成功させるポイントといってもいいでしょう。

悪徳業者の特徴をまとめた記事がありますので、かならず目をとおしてください。

外壁塗装のDIYについて

外壁塗装って自分でできますか?

塗装のプロ
塗装のプロ

外壁塗装のDIYは、やめておいた方がいいです。

 

外壁塗装のDIYでやってみたい人もいるでしょう。

わたしは基本的にはおすすめしていません。

DIYで塗装されているお宅の外壁塗装も行ったことがあるのですが、下地処理がされていないために塗料がはがれていたりするので、その処理に手間がかかってしまいます。

今現在、塗料がはがれているところの対処はできますが、見た目はがれなどの問題がなくても、塗膜が密着していない事は想像できます。

DIYでおこなった密着の悪い塗膜の上から、塗装しても、はがれてくる可能性は多いにあります。

どうしてもDIYでおこなうのであれば、外壁塗装のプロの指導をうけながら作業をしていくことを推奨しています。

最後に

外壁塗装について、わからない事があれば、わたしのわかる範囲でお答えするのでコチラよりお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました