外壁塗装を工務店に依頼するメリットはある!?プロが語る裏事情!

外壁塗装を工務店に依頼するメリット&デメリット 外壁塗装

外壁塗装を行いたいけど、どこに依頼していいのか迷っています。

外壁塗装を考えたときに一番悩むのが依頼先でしょう。

外壁塗装の依頼先にはいろいろなところがあるので、あなたが悩むのも当然。

あなたの住まいは工務店で建築されましたか?もし工務店で建築されたのであれば外壁塗装も工務店に依頼したほうが無難。

違う業者に依頼すると今後、他のリフォームが頼みづらくなるかもしれません。

しかし、工務店の見積もりがあまりのにも高額であったり、工務店の対応が気に入らない場合は塗装業者に直接依頼するべき。

わたしはこれまで300棟以上の一戸建ての外壁塗装を自身の手で行ってきました。その中には工務店の下請けとして外壁塗装をおこなったお宅もあります。

この記事では、そんなわたしの経験から「工務店に外壁塗装を依頼するメリット&デメリット」をお伝えしています。

工務店の見積もりが高額で他の業者に依頼しようと思っている方、外壁塗装の業者選びに迷っている方は是非さいごまでごらんください。

工務店と塗装業者の関係

工務店の下請け塗装業者
工務店と塗装業者

ひとことに工務店といっても、一人親方の大工さんであったり、モデルハウスがあり支店がいくつもあるような大きな会社までさまざま。

この記事では小規模から中規模の工務店を想定しています。

工務店に依頼できる工事内容はさまざま。新築住宅からリフォームまで地域に根ざして幅広くおこないます。

工務店でリフォームを行う場合、下請けの専門業者が工事を行います。工務店には大工職人が在籍していることが多いので、大工工事以外は下請け業者が担当。

各職種の日程調整、工程を工務店がきめ、下請けがその指示にしたがう形で工事がすすんでいきます。

工務店に外壁塗装を依頼すると下請けの塗装業者が工務店に見積もりを提出。その金額に工務店の利益、経費などを上乗せしたものがお客様に提出されます。

外壁塗装は直接、塗装業者に依頼したほうが、安くて高品質なサービスが期待できます。しかしながら工務店で建築した家の場合、なかなか工務店以外にリフォームを頼みづらいかもしれません。

建築した工務店がつぶれていたり、対応がひどい、あまりにも費用が高額などの理由がなければ、工務店で建てた家は工務店にリフォームを依頼したほうがいいでしょう。

外壁塗装だけ他業者に依頼すると、他のリフォームが頼みづらいムードになることも

外壁塗装を工務店に依頼するメリット

工務店に外壁塗装を依頼するメリット
工務店に外壁塗装を依頼するメリットは??

工務店に依頼すると、他のリフォームに関しても気軽に相談できるのがメリット。

工務店は大工職人が独立して経営しているケースも多く建物に詳しいので住まいのリフォームを安心してまかせられます。

万が一トラブルが起こったとしても、地元工務店は対応がはやいのも良いところ。

  • 外壁塗装以外のリフォームも頼みやすい
  • 建物に詳しい
  • 地元なので対応がはやい

工務店は外壁塗装以外のリフォームにも対応

工務店にとってリフォームはお手のもの。水回りのリフォームなど部分的なリフォームから増築、改築などのリフォームも得意としています。

工務店は塗装業者以外にも様々な業種の下請け業者をかかえているので、外壁塗装以外のリフォームもこころよく対応してくれます。

建物に詳しい

工務店は代表が建築士であることも多いために建物に対する知識が豊富。豊富な知識は建物外に現れた異常から内部の劣化状態を予測することができます。

たとえば、軒天にできたシミの状態から屋根の骨組みである木材が腐食していることを予測。シミの原因が雨であれば雨漏り箇所を特定し修繕。

これは一例ですが建物の知識が豊富な工務店はさまざまな角度から住まいを維持することを考えてくれます。

地元の工務店は対応がはやい

なにかと対応がはやいのが地域の工務店。万が一のトラブルの際にもすぐに対応してくれます。

外壁塗装の依頼先は色々ありますが、よほどの事情がない限り自宅の近くの業者に依頼することをおすすめします。

近所の工務店であれば外壁塗装以外でおきたトラブルにも即対応。工務店で対応できない場合でも下請け業者も近所である場合がほとんどなので、工務店から下請け業者に連絡してすぐに対応してくれます。

外壁塗装を工務店に依頼するデメリット

工務店に外壁塗装を依頼するデメリット
工務店に依頼するデメリットってあるの?

工務店に外壁塗装を依頼すると下請け業者が工事を行います。このような形態だと直接塗装業者に依頼するより、工務店のほうが費用が高額になります。

外壁塗装を安く行いたい方にとっては、かなりのデメリットといえます。

  • 費用が高額になる場合がある
  • 工事は下請け業者
  • こだわりが強くて困る場合がある

工務店に依頼すると外壁塗装費用が高額になる可能性がある

工務店に依頼すると下請けの塗装業者が工務店に見積もりを提出。

工務店がその塗装業者の見積もりに利益、諸経費をさらに上乗せしてお客様に提出。

塗装業者も自社の見積もりに上乗せされるのをよくわかっているので逆算して安めの見積もりを工務店に提出しています。

しかしながら工務店によっては利益を大幅に上乗せする場合もあるので外壁塗装が高額になることも。

外壁塗装費用の工務店のマージンが3割以上ということも珍しくありません。

たとえば工事費用が100万円だとすると、そのうち30万円〜40万円が工務店のマージンだったりするわけです。

塗装工事は下請け業者が行う

工務店に外壁塗装を依頼すると下請けの塗装業者が作業にあたります。

このような依頼先と下請け業者の関係はめずらしくなく建築業界、リフォーム業界ではよくあること。

工務店にどうしても外壁塗装を依頼しなくてはならない理由がないかぎり、直接塗装業者に依頼したほうが安くて高品質な工事がのぞめます。

その理由についてはこの次の章でお伝えします。

こだわりが強い場合がある??

すこし余談的な話になりますが工務店のこだわりが強い場合があります。

工務店の代表はもともと職人であることが多く、工事にたいするこだわりが強いことも。こだわりが強すぎて、あなたの希望が通らないこともあるかもしれません。

デメリットに上げましたが、こだわりが強いのはメリットともいえますね。

プロがすすめる外壁塗装の依頼先

外壁塗装のおすすめ依頼先
塗装屋さんに直接依頼しよう!

普段から工務店とお付き合いのある方は外壁塗装も工務店に依頼することになると思います。

しかしながら工務店に依頼する理由がない方は外壁塗装は直接、塗装業者に依頼してください。

その理由はさきほども触れましたが安くて高品質な工事が期待できるから。

たとえばあなたの支払う外壁塗装費用が100万円だと仮定します。工務店に依頼した場合、下請け業者の請負金額は60万円から70万円。

もし直接下請け塗装業者に依頼することができれば塗装業者は100万円で請け負うことに。

すると多くの費用を塗装工事にあてることができるので結果、質の良い塗装工事となるわけです。

ここで問題となるのはこのような塗装業者に依頼する方法。

地域の塗装屋さんは広告や宣伝費用をかけていないことが多く、ホームページもなかったりするので知名度がありません。

このような塗装屋さんが知り合いにいない場合、無料で地域の優良塗装業者を紹介してもらえるサービスもあります。

あらかじめ紹介サービスの塗装業者は独自の審査を通過している優良業者ばかりなので安心です。

1社だけでなく複数の業者を紹介してくれるので相見積もりを簡単に行うことができます。

無料で業者を紹介してもらえるサービスについては下の記事を参考にしてください。

業者選びを成功させる! 外壁塗装の一括見積!比較ランキング!プロ推薦!おすすめトップ3!

まとめ:工務店に外壁塗装を依頼すると高くつくがメリットもあった!

外壁塗装は依頼先によって支払う金額が大きくかわってきます。工務店と付き合いがある方で今後他のリフォームを予定している方は外壁塗装も工務店に依頼しておいたほうがいいかもしれません。

しかしながら外壁塗装に品質と安さをもとめるのであれば地域の塗装業者に直接依頼するのが一番!

地域の優良業者は一括見積もりサービスで簡単にみつけることができます。

一括見積で簡単! 【外壁塗装】一括見積にデメリット?多くのメリットをプロが解説!

タイトルとURLをコピーしました