注意!外壁塗装の悪徳業者の特徴とは!?手抜き工事じゃ意味がない!

外壁塗装

外壁塗装って悪徳業者が多いってホント?

塗装のプロ
塗装のプロ

残念ながら、この業界には悪徳業者が多いというのは事実です。

国民生活センターによるとリフォームの相談件数は増加傾向にあります。

リフォーム工事 訪問販売 相談件数の推移
年度 2016 2017 2018 2019
相談件数 6,569 6,385 7219 7,467
備考 「屋根工事・壁工事・増改築工事・塗装工事・内装工事」の合計

データ参照:国民生活センター

わたしは、これまで300棟以上の外壁塗装をおこなってきました。

外壁塗装業界にながくいると、悪徳業者の情報をよく耳にします。

実際、前回の外壁塗装で悪徳業者にあたってしまった、お客さんの話も聞く事もあります。

あなたは、自宅の外壁塗装を考えている最中でしょうか?

しかし、悪徳業者のうわさをきいて、外壁塗装をおこなうことに、ためらっているのではないでしょうか?

ためらうのは当然です。誰だって大切な家の外壁塗装を悪徳業者にたのみたくはありません。

しかし実際には、悪徳業者の被害にあっている方はいらっしゃいます。

わたしはプロとしてほんとうに憤りを感じます。

外壁塗装で悪徳業者につかまってしまう原因のひとつは知識不足です。

「しっているか、しらないか」

これだけで外壁塗装の悪徳業者にだまされる確率が大きくあがります。

この記事を最後まで読んでいただくと、悪徳業者の手口、優良業者に申し込む方法がわかります。

外壁塗装 悪徳業者の代表的な営業の手口

悪徳業者の手口とは…

外壁塗装の悪徳業者の営業の手口にはパターンがあります。これを覚えておくだけで、悪徳業者と契約してしまう可能性が格段に減少します。

代表的な悪徳業者の営業手口は次の6つ

  • 飛び込み営業で不安をあおる
  • ありえないほど高額な値引き
  • オリジナル塗料をすすめてくる
  • モニター商法
  • 外壁塗装の価格が異常にやすいチラシ
  • 屋根にのぼり屋根をこわす

これら6つの悪質な営業手口を順番に解説していきます。

飛び込み営業で不安をあおる

飛び込み営業での契約は危険!

突然、家のインターホンが鳴り、玄関先にでてみると

「外壁塗装の訪問販売だった」という事があなたもあるのではないでしょうか?

カベにヒビが入っているので、すぐに外壁塗装をしないと雨漏りがしてきますよ!

このような事をいって、あなたを不安にさせます。

たしかにヒビを長いあいだ放っておくのは外壁にとってよくありません。

しかしよほどの重大ヒビわれでなければ、すぐに雨漏りがしてくる可能性は極めて低いといえます。

新築から10年以内や前回の外壁塗装から10年以内であれば、外壁に重大な欠陥が生じることは稀。

こういった外壁塗装の飛び込み営業は、あなたを不安にさせて契約を結ぼうとしてきます。

あわてて契約してしまわないように注意してください。

失敗しない業者選びの方法! プロ直伝!外壁塗装の業者の選び方!業者選びが成功のすべて!?

ありえないほど高額な値引き

最初の見積りでは、外壁塗装一式200万円であったのが、あっさりと150万円になったりします。

あなたが契約に悩んでいる様子をみせたり、他社からとっていた見積り金額を業者に伝えると、簡単に数十万円の値引きをして契約をせまってきます。

こういった外壁塗装業者を信用してはいけません。見積りが適当すぎます。

見積もりでわかる!? 外壁塗装の見積もりが高すぎる!プロの知識で悪徳業者を撃退!


こういった外壁塗装の営業は契約をとらなければ困る理由があるので必死。理由は金銭的なことや会社のノルマなど。

いくら外壁塗装業者の営業が必死でも、ながされてはいけません。

業者がすべて! 外壁塗装の優良業者はどこにいる?プロが伝える業者選びのポイント

オリジナル塗料をすすめてくる

「オリジナル塗料」というキーワードには、かなり注意してください。悪徳業者の可能性が十分あります。

塗料といものは、そんなに簡単に作れるものではありません。

ながい間、塗料を専門に研究している企業だから開発できるものであって、外壁塗装業者やハウスメーカー、リフォーム業者が塗料を独自で開発する事は不可能。

代表的な塗料メーカーは日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研、ロックペイント、大日本塗料、水谷ペイントなど他にも数社。

業者がオリジナル塗料といっているのは、じつは中身は塗料メーカーが製造しているもので塗料の缶のラベルがちがうだけだったりします。

「オリジナル塗料」をすすめる業者のメリットはズバリ「儲かるから」

オリジナル塗料の成分などの詳細情報はインターネット上にない事がおおく、定価も不明なので、塗料の価格を業者で勝手にきめる事ができます。

オリジナル塗料を高額にする事で見積り金額も高額にできるし、外壁塗装の相場価格の見積りであったとしても、

「価格の高い高性能のオリジナル塗料をつかっているからお得」とあなたに思わせることができるのです。

「当社のオリジナル塗料は新技術の採用により、一生、塗り替えの必要がありません」のような説明をしてくる事がありますが、まづウソだと思ってください。

オリジナルの塗料をあつかっている業者には注意が必要です。

現役プロがすすめる塗料! 外壁塗装の塗料を選ぶ!プロが伝えるたったひとつの方法とは!?

外壁塗装のモニター商法

外壁塗装のモニター商法とは、モニター(見本)になる事で費用が安くなる!というような内容の営業で契約をせまるやり方。

「当社は現在、この地域の実績づくりのためにモニターを募集しています」

「パンフレットにのせるための外壁塗装モニターをあと2名様だけ募集しているのですが…」

「モニターになっていただければ、外壁塗装を半額でやらせていただきます」

モニターになればお得に外壁塗装ができると思われるかもしれませんが、そんなにうまい話はありません。悪徳業者が契約をとるため手法だと思ってください。

外壁塗装が半額になるといっても、最初の提示金額が相場の2倍以上だったりするので半額になっても、相場より高額という場合もあります。

実際に工事をおこなうのは下請けの塗装業者ですが、営業側にたっぷり利益をもっていかれるので実際の工事費用というのは、わずかな金額。

結果、手抜き工事になる事が多くなります。

この営業利益が莫大で実際の工事をする下請け業者の請負金額が少額という図式は多くの悪徳業者にあてはまります。

外壁塗装が異常に安いチラシ

チラシがわるいわけではありません。

優良業者がチラシを配布している場合もあります。

問題はチラシの内容で「外壁塗装が30万円!」などと相場とかけはなれた金額で注目をひこうとするチラシがあります。

外壁塗装の相場は一般的な30坪くらいの建物であれば100万円前後はかかります。

どうして!?  【プロ直伝!】外壁塗装の費用で100万って高い?安い?
一般の方であれば「外壁塗装が30万でできるの!連絡してみようかしら」と

実際に業者に連絡してみると、たしかに外壁塗装は30万ですが、足場代や屋根塗装費用、付帯部塗装費用が含まれておらず、結局100万円以上の見積りになってしまう事も。

実際あなたが、こんな目にあったら、どう思われますか?ちょっとだまされた気分になりますよね。

外壁塗装は高額商品なので業者との信頼関係も大事です。このようなお客さんをだますようなチラシを配る業者は信用できません。

絶対無理! 【プロが暴く!】安すぎて不安…外壁塗装30万円ってホント!?

屋根に上って屋根をこわす

「屋根の点検を無料でやっています」などと電話がかかってきます。点検をお願いすると後日業者が、あなたの家にやってきます。

業者はハシゴで屋根にのぼって点検をします。

そして異常がなければ、屋根をこわして写真をとり、それをあなたにみせて「いますぐ塗装しないと雨漏りしますよ!」
などという信じられないような悪徳業者もいます。

こういった商法を点検商法といい、毎年5000件以上の相談が国民生活センターによせられています。

リフォーム工事 点検商法 相談件数の推移
年度 2016 2017 2018 2019
相談件数 5,727 5,415 5,683 5,364
備考 「屋根工事・壁工事・増改築工事・塗装工事・内装工事」の合計

データ参照:国民生活センター

屋根塗装っていくら? プロ直伝!屋根塗装の相場とは!?スレート(コロニアル)編!

外壁塗装 悪徳業者がやる5つの代表的な手抜き工事

手抜き工事は家の劣化をはやめる…

外壁塗装で手抜き工事は、本来の塗料の性能が発揮できなかったり、雨漏りの原因になったりします。

10年後の塗り替え時期まで、大切な家をまもるには、ちゃんとした塗装工事をする必要があります。

優良業者であれば「建物を守る」という考えのもと外壁塗装工事をおこないます。

しかし悪徳業者は自分たちの利益の事が優先なので「家を長持ちさせよう」というような意識はありません。

建物に対する意識がひくい悪徳業者は少しでも利益を得るために次のような手抜き工事をする事があります。

  • 塗料を規定以上にうすめる
  • 既定の工程を省く
  • 下地処理をしない
  • スレート(コロニアル)屋根の縁切りをしない
  • 約束の塗料と違う塗料が使われる

塗料を規定以上にうすめる

塗料にはメーカーが定めた希釈率があります。希釈率とは塗料を水(水性塗料の場合)やシンナー(油性塗料の場合)でうすめる割合の事。

外壁塗装で人気の塗料日本ペイント「水性シリコンセラUV」の希釈率は5%~10%。

塗料1缶15キロなので、もっとも薄めた場合でも1,500cc/1缶。

一般的には塗装職人が外壁の状態から判断して、メーカー規定の希釈率の範囲内で塗料をうすめます。

しかし悪徳業者は塗料をメーカー規定以上にうすめる事があります。

塗装のプロ
塗装のプロ

塗料をうすめすぎると耐候性や耐用年数という塗料が本来もつ性能が発揮できなくなります。

しかし外壁を塗ったばかりだと一般の方には違いがわかりません。

悪徳業者が塗料をうすめる理由は、材料代の節約と塗装工事を早く終わらせるため。

材料を希釈すれば塗料が通常3缶必要なところが2缶で塗れてしまえば業者は1缶分の材料代が節約に…

塗料は希釈する事で塗りやすくなる場合があり、結果、塗装スピードがあがります。

悪徳塗装業者は早く工事を終わらせる事で経費、人件費を節約しています。

規定の工程を省く

外壁やスレート屋根の塗装工程は多くの場合、下塗り、中塗り、上塗りの3工程になっています。

一般的には中塗りと上塗りの塗料は同じものを使用します。

このことを悪用して、下塗りのあとに1回しか塗らない業者がいます。

それでもパッと見は外壁がキレイなったように見えるので一般の方にはわかりづらいのが困ったところ。

塗装のプロ
塗装のプロ

本来は下塗りの後に2度塗ることで塗料の性能が十分発揮されるのですが、工程は省くと、確実に耐候性、耐用年数がおちます。

決められた工程を守らない悪徳業者には注意する必要があります。

これがプロ! 手抜きは許さない!必見!これがプロの外壁塗装の作業工程だ!

下地処理をしない

外壁塗装は、ただペンキを塗るだけの工事ではありません。

実際に塗料を塗る前には、いろいろな作業があります。

外壁の場合であればひび割れの処理。付帯部であればケレンなど。

ケレンというは、はがれた古い塗膜やサビをおとし塗装面に細かいキズをつける作業。

悪徳業者はケレンがいいかげんな場合が多いです。

塗装のプロ
塗装のプロ

ケレンをしっかりしないまま塗装すると、のちに塗膜がはがれてくる可能性が高くなります。

スレート屋根(コロニアル)の縁切りをしない

雨漏りを防ぐ…

スレート屋根を塗装すると、スレート同士の隙間に塗料が入り込み、隙間が埋まってしまう場合があります。

スレート屋根の場合、これが雨漏りの原因になることがあるので、塗料がしっかり乾いたら、塗料で、密着したスレート同士をカッターなどで切り離します。

この作業を縁切りといいます。

むかしはこのように、カッターや皮スキで縁切りを行っていたのですが、現在はタスペーサーというものを使用して、スレート同士の隙間を確保し雨漏りがしないようにしています。

悪徳業者は、縁切り、タスペーサーも行わない場合があります。

塗装のプロ
塗装のプロ

雨漏りの原因になるので、スレート屋にはタスペーサーを使用するべき

約束の塗料と違う塗料が使われる

外壁塗装の契約の時より安価な塗料で工事をおこなわれる場合があります。

たとえば見積り書には外壁の塗料は「シリコン」となっているのに、実際に塗装するのは「アクリル」ということも。

塗装業者が材料代を節約するために、おこなう場合があるので注意。

塗料の缶には商品名がかいてあるので、心配な場合は業者に塗料の缶をみせてもらうとわかります。

優良業者であれば、こころよく見せてくれますよ。

悪徳業者にだまされないために!

わたしはあなたに悪徳業者での外壁塗装工事をおこなってほしくありません。

悪徳業者をさけるには、ちょっとしたコツがあるので、お伝えします。

  • 飛び込み訪問営業で契約しない
  • 外壁塗装の相場をしっておく
  • 外壁塗装の工程をしっておく
  • 見積りは数社からとって比較する

飛び込み訪問営業で契約しない

外壁塗装の悪徳業者は多くのばあい訪問販売をおこなっています。

訪問販売を否定するわけではないのですが、悪徳業者の確率が高いので基本的には訪問販売での契約はさけるべき。

外壁塗装の訪問販売について詳しくしりたい方は下の記事にまとめてあるので、ごらんください。

外壁塗装の相場をしっておく

外壁塗装に悪徳業者が多いのは、外壁塗装に定価が存在していないのも、ひとつの理由。

外壁塗装の費用は地域や建物の状態、立地などでかわってくるので、プロのわたしでも、あなたにハッキリお伝えする事ができません。

しかし外壁塗装には良心的な相場価格というものがあります。

外壁塗装費用の相場については、下の記事にまとめてあるので、ごらんください。

外壁塗装の申し込み先。優良業者を紹介!

外壁塗装をしたいけど、どこに頼んだらいいの?

塗装のプロ
塗装のプロ

地域の塗装屋さんがおすすめですよ

外壁塗装業者 プロのコメント
大手ハウスメーカー 保障面で安心できる
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用はかなり高い
詳細 え!ハウスメーカーの外壁塗装が高すぎ!依頼するメリットはあるの?
工務店系 塗装工事以外のリフォームも頼める
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用は高め
詳細 外壁塗装を工務店に依頼するメリットはある!?プロが語る裏事情!
外壁塗装の営業会社
とびこみ営業など良いイメージがない
塗装工事は下請け業者
外壁塗装工事費用は高い
ホームセンター
家電量販店
外壁塗装の費用は高め。
そもそも業種が違うので外壁塗装の依頼先として疑問
詳細 ホームセンターで外壁塗装を依頼!メリットある?プロの回答は!?
地域の外壁塗装業者
コストパフォーマンスがよい!
ほぼ自社施工
優良業者を探す方法が問題だが、一括見積サイトで解決できる!
詳細 外壁塗装の一括見積!比較ランキング!プロ推薦!おすすめトップ3!

外壁塗装には主に上の4つの申し込み先があります。

外壁塗装を申し込むさいには業者えらびが最も重要です。

業者選びについては下の記事にまとめてあるので、是非ごらんください。

プロ直伝!外壁塗装の業者選び!業者探しを手間なく簡単にする方法!
外壁塗装をしたいけど、どの業者を選べばいいのやら...塗装のプロ業者選びでお困りのようですね。これから外壁塗装のプロであるわたしが正しい業者えらびに関して解説いたします。外壁塗装を行う際に、あなた...

まとめ:悪徳業者を回避する方法はあった!

  • 飛び込み訪問営業で契約しない
  • 外壁塗装の相場をしっておく
  • 外壁塗装の工程をしっておく
  • 見積りは数社からとって比較する

この4つの項目を意識するだけで悪徳業者につかまるリスクが大きく減少します。

塗装のプロ
塗装のプロ

あなたの大切な家を守るためにも悪徳業者での契約は絶対さけてください。

タイトルとURLをコピーしました