外壁リフォームは外壁塗装だけではない!外壁リフォームの種類選び方

外壁リフォームの種類 外壁塗装プロの知識
  • 新築から10年以上経過して外壁の状態が気になる…
  • 住まいである一戸建てをおしゃれにしたい!
  • 築30年以上経過した我が家の外壁状態が不安

大切な住まいでいつまでも快適に過ごすためには外壁のメンテナンスは必須。

外壁リフォームは工法によって数種類に分類する事ができますが、多くの方がまず検討されるのが塗装による外壁リフォーム「外壁塗装」

外壁塗装は他の工法と比較すると安価でおこなえる事もあり人気の外壁リフォーム。

しかしながら築年数の古い外壁が劣化した住宅の場合、外壁塗装だけでは対処しきれない場合があります。

そのような場合は今の外壁の上に新しい外壁材を貼ったり、既存の外壁材を撤去して後にあたらしい外壁材を貼るような工法も検討する必要がでてきます。

この記事では住宅外壁リフォーム経験30年のわたしが、外壁リフォーム工法の種類や必要性について解説しています。

最後に外壁リフォームの業者選びで失敗しない方法についても解説しているので参考にしてください。

そもそも外壁リフォームは必要な工事なのか?必要性をプロが解説!

外壁リフォームの必要性
外壁リフォームが必要な理由って??

外壁材は紫外線や雨風にさらされだんだん劣化していきます。そのため多くの住宅の外壁材は外壁リフォームが必要。

外壁リフォームを先延ばしにすると外壁内の柱など構造材まで劣化して修繕費用に数百万も必要になった例もあります。

「外壁の状態、リフォームが必要かどうか」は新築一戸建て購入後10年くらいで業者に調査を依頼しましょう。

新築から10年くらいでおこなう外壁リフォームはほぼ今の外壁の上に塗装をほどこす「外壁塗装」

まずは外壁塗装! 一戸建ての外壁塗装が10年毎はなぜ!?プロも10年をすすめている?

外壁塗装は建物があまり劣化していない状態でおこなうのが◎

10年サイクルで外壁塗装を行うことで「重ね貼り」「貼り替え」など高額なリフォームを行わなくてすむ場合がほとんど。

あなたの住まいも除々に劣化していっています。これから長い年月大切な住まいで快適に過ごしていくために外壁リフォームは必要な工事。

外壁リフォームは必須! 一戸建て外壁塗装の必要性!プロが語るたった一つの理由とは!?

住宅の外壁リフォームは3種類!

外壁リフォームの種類
外壁リフォームには3種類の工法がある

住宅の外壁リフォームでよく行われる工法は「外壁の塗り替え」「外壁材の重ね貼り」「外壁材の貼り替え」

同じ外壁リフォームでも工法が違うと費用や耐用年数、完成後の見た目が違ってきます。

  • 外壁を塗装でリフォーム
  • 現在の外壁の上からサイディングを貼る
  • 今の外壁(サイディング材)を撤去し新たに外壁材を貼る

外壁リフォーム工法1.「外壁塗装」

住まいの外壁リフォームを考えたときに多くの方まず最初に思い浮かぶのが外壁塗装でしょう。

実際に自宅の外壁を塗り替えてキレイにリフォームされる方は多数いらっしゃいます。

外壁塗装の魅力は他の工法と比べて「費用が安く、工期も短い」こと。現在の外壁と違う色を塗装することで住まいのイメージをかえる事もできます。

デメリットとしては、外壁内の骨組みがひどく劣化していたり、欠陥、問題がある建物の場合、外壁塗装だけで対処する事はできません。

新築から20年くらいまでで、ひどい雨漏りなど建物自体に大きな問題を抱えていなければ外壁塗装はコストパフォーマンスがよくおすすめ。

他の外壁リフォーム「重ね貼り」「貼り替え」も10年以上経過してくると外壁塗装によるメンテナンスが必要になってきます。

住宅の外壁塗装についてもっと知りたい! はじめての外壁塗装!プロが伝える住宅塗装で失敗しない方法!

外壁リフォーム工法2.「外壁材の重ね貼り」

重ね貼りとは既存の外壁の上に新たに外壁材を貼る工法。カバー工法と呼ばれています。

築年数の古いモルタル外壁によく用いられるのが重ね貼り。

モルタル外壁とは?? 外壁の種類を見分ける方法をプロが直伝!戸建て90%占める外壁材?

新しく貼る外壁材は金属系(ガルバリウム)サイディングが用いられるのが一般的。

サイディング材にも種類がありますが、金属系は軽量なため重ね貼りをしても建物が重くならないのがメリット。

既存のモルタル外壁に下地となる木材を取り付け後、サイディング材を貼っていきます。

外壁の多くはサイディングでカバーできますが、重ね貼りが向いていない軒天や破風、霧除けなど外壁以外の付帯部は塗装で仕上げます。

あらたに外壁材を重ね貼りをしても十数年後に外壁や付帯部の塗装によるメンテナンスが必要になります。

サイディング外壁の塗装! 一戸建て外壁塗装!サイディング塗替時期は?劣化サインを見逃すな!

外壁リフォーム工法3.「外壁材の貼り替え」

既存の外壁を撤去したのちに新しく外壁材を貼る工法が「外壁材の貼り替え」

外壁リフォームの工法の中で、もっとも大掛かりな工事になります。

外壁材の貼り替え工法のメリットは既存の外壁材を取り去るため建物の骨組みの状態が確認できる事。

構造材である木材の劣化箇所の修繕や補強が望ましい部分に骨組みの追加を行うことができます。

外壁リフォーム2で示した「外壁の重ね貼り」では重量を考慮して金属系サイディングを貼ることが理想でした。外壁材の貼り替えでは、デザイン性の高い窯業系サイディングを選択することができます。

そのため、住まいの印象を大きくかえることができます。

デメリットはやはり外壁リフォーム費用が高額になり工期も長くなるという点。既存の外壁を撤去したあとの処分費用も見積金額に上乗せされます。

住宅を外壁リフォームはどの工法を選べばいいの?費用相場は??

外壁リフォームの費用
各外壁リフォームの費用について

新築から30年以内で外壁に大きな問題がない場合はまずコストパフォーマンスの高い外壁リフォーム「外壁塗装」を検討してください。

住まいのサイディング外壁が反り返っている、モルタル外壁のひび割れがひどく塗装だけで防水性を保つのが困難。

そのような場合は「外壁の重ね貼り」「外壁の貼り替え」などの工法を検討します。

多くの予算を準備でき建物の印象を変えたい場合にも「外壁の貼り替え」は良い選択しかもしれません。

外壁塗装で現在の外壁色をかえるだけでもキレイにおしゃれにみえます。

我が家の外壁をおしゃれに塗装! 外壁を吹付け塗装でおしゃれに!高級感アップ!?水性ペリアート

外壁塗装 重ね貼り 貼り替え
費用相場 80万円~120万円 110万円~220万円 150万円~250万円
メリット 安価で工期が短い 貼り替えと比較すると外壁の撤去費用がかからない。 外壁が劣化していても施工できる
デメリット 外壁の劣化がひどい場合、塗装による修繕が困難な場合がある。 建物の重量が増す ・費用が高額になる
・工期が長くなる

2階建て30坪くらいの住宅を想定

住宅の外壁リフォームは悪徳業者に気をつけよう!

外壁リフォームは訪問販売で契約するな
悪徳業者にだまされると悲惨…

住まいのリフォームには室内の水回りのような室内関連、壁紙の貼り替えなどいろいろありますがまず最初に検討したいのが外壁リフォーム。

外壁リフォームは建物自体をしっかり守るためにも必要な工事です。

それを悪用するリフォーム業者が存在するので業者選びは慎重に行う必要があります。

一般に外壁リフォームの適正価格がわかりづらいため、ぼったくり業者が実在。

このような悪徳業者にだまされて手抜き工事をされて泣き寝入りされた方もいらっしゃいます。本当に残念….そして悔しく思います。

このような悪徳業者にだまされる方の大半は訪問営業で契約されています。

絶対にだまされるな! 外壁塗装は訪問営業で契約するな!訪問販売の失敗例は報告多数!

外壁リフォームの訪問営業すべてが悪いわけではありません。優良業者でも訪問営業をおこなっているところもあります。

しかしながら訪問営業でリフォーム契約しないだけでも悪徳業者にだまされるリスクが軽減するのも事実。

外壁にかぎらず住まいのリフォームを成功させるには業者選びが本当に重要。

「業者選びが重要なのはわかっている!!」

そんな声が聞こえてきそうですね。

それでは外壁リフォームで失敗しないための業者選びの方法を次の章でお伝えします。

外壁リフォーム!プロが伝える失敗しない業者選び

外壁塗装の業者選び
業者選びは絶対に失敗できない!

外壁リフォームは一番費用のかからない外壁塗装を選んでも80万円から120万円(30坪2階建てを想定)

「重ね貼り」「貼り替え」ではもっと高額に。

業者選びで失敗すると高額費用を支払ったのにもかかわらず、数年後に外壁に問題がおこったりします。外壁の不具合に気づいてリフォーム業者に連絡しても相手にしてもらえなかったり、業者自体がつぶれている可能性も。

このような悪徳業者を排除した業者紹介サービスをご存知でしょうか??

一括見積サイト」と一般によばれる業者マッチングサービスはあらかじめ独自審査により業者が厳選されているので悪徳業者にだまされる心配がありません。

完全無料で利用できるため多くの方が住宅の外壁リフォームで成功されています。

このようなリフォームの一括見積りサイトは需要が多いため数多くのサービスが存在します。

そのなかでもプロのわたしが厳選したサービスを下のリンク先にまとめているので是非ごらんください。

とくに外壁リフォームでも塗装、塗り替えを検討されている方は必ず役に立つ内容になっています。

外壁リフォームで失敗しない業者選び!

外壁リフォームの種類まとめ

一戸建て住宅の外壁にはメンテナンスがつきもの。紫外線や雨風の影響を直接うける外壁は毎日少しづつ劣化しています。

基本的に外壁リフォームは早めにおこなう事で費用の節約になることを覚えておいてください。

外壁塗装 重ね貼り 貼り替え
費用相場 80万円~120万円 110万円~220万円 150万円~250万円
メリット 安価で工期が短い 貼り替えと比較すると外壁の撤去費用がかからない。 外壁が劣化していても施工できる
デメリット 外壁の劣化がひどい場合、塗装による修繕が困難な場合がある。 建物の重量が増す ・費用が高額になる
・工期が長くなる

2階建て30坪くらいの住宅を想定

外壁リフォームの悪徳業者の被害にあわれる方があとを絶ちません。

業者選びで失敗しないために、あらかじめ優良業者のみが在籍するサービスを活用ください。

安心!完全無料!優良業者紹介サービス!

【FAQ】外壁塗装によくある質問にプロが回答

外壁塗装によくある質問

外壁塗装を依頼したくても業者選びに迷われている方は本当に多くいらっしゃいます。はじめての外壁塗装を行う方や失敗経験のある方には「一括見積りサービス」の活用がおすすめ。

このサービスに登録している業者はあらかじめ数項目の審査を受けています。そのため悪徳業者にだまされる確率が格段に低いのが「一括見積りサービス」のメリット。

完全無料であなたのお住いの地域に対応できる業者を数社紹介してくれます。

一括見積りサービスにもいろいろありますが、わたしが推薦しているところをご利用ください。

プロが推薦するサービス! 一括見積りサービスの詳細はコチラから

「自宅の外壁塗装っていくらかかるの?」

外壁塗装には定価というものが存在しないため工事にかかる費用がわかりづらくなっています。このことが悪徳業者の温床となる要因。

外壁塗装の費用は選択する塗料や業者によってもかわってきますが30坪くらいの一戸建てであれば80万円~120万円くらいの間におさまることが多いでしょう。

同じ工事内容でも業者がちがうだけで50万円以上も安くなることもあります。適正価格で外壁塗装を行うには業者選びが重要になってきます。

費用について あなたの住まいの外壁塗装はいくら?

外壁塗装の費用は高額です。おこなわなくて済むのであればそれに越したことはないですよね。しかし、この先も今の住まいで快適に過ごしていくためには外壁塗装は必要な工事と思ってください。

必ず行うべき理由! 外壁塗装の必要性を理解する

外壁塗装を行う際には必ず足場が必要になります。足場がないと近所にも迷惑がかかりますし、そもそもちゃんとした塗装工事を行うことができません。

必ず必要です! 外壁塗装に足場が必要な理由

外壁塗装の業界に悪徳業者が存在するのは事実です。高額な費用を支払ったのにもかかわらず数年で外壁が色あせてきたり、塗膜がはがれてきたりということが実際におきています。

訪問販売で外壁塗装を契約しないだけでも悪徳業者にだまされるリスクは軽減します。

悪徳業者について詳しくまとめた記事を用意してあるので必ずごらんください。

だまされないでください! 悪徳業者の特徴を理解しておく

外壁塗装に使用される塗料には時代によって流行のようなものがあります。そのような塗料を使用るすることで費用対効果が高くなります。

今、外壁塗装を行うのであれば「ラジカル制御型塗料」がおすすめ。

ラジカルって? プロが今、オススメする塗料とは?

外壁塗装の営業がしつこい場合、悪徳業者の可能性が高いです。根負けして契約しないように、気をつけてください。

外壁塗装の営業が頻繁にきませんか?このような状態はあなたの住まいが外壁塗装の時期にきているということ。

優良業者を見つけて外壁塗装を行うことをおすすめします。

外壁塗装の営業がしつこい! しつこい営業の断り方

 

外壁塗装プロの知識
外壁塗装のペイントダック
タイトルとURLをコピーしました