リシン外壁の塗り替え!プロが伝えるリシン外壁塗装!

作業工程

リシン仕上げの外壁にお住まいでしょうか?

あなたのお住まいは新築から数十年経過していると思います。

わたしは、これまで300棟以上の外壁塗装をおこなってきました。

むかしは、リシンの外壁の建物のお宅の塗り替え工事をよくおこなったものですが、最近はリシン外壁を塗装する機会が少なってきています。

リシンは施工費用が安いので、かつて一般住宅の外壁にもよく吹き付け塗装されていました。

リシン外壁は通気性が良いのがメリットですが、防水性にとぼしいため劣化している外壁をよくみかけます。

この記事では、リシン外壁の建物にお住まいで、外壁塗装を検討されている方に向けた内容になっているので、いまのお住まいを大切にされたいと思っている方の参考になれば幸いです。

そもそもリシン外壁とは

吹き付けリシン

一般住宅でリシンは主に、モルタルの建物の仕上げに施工されます。

リシンの施工は、塗装職人による吹き付けによるものと、左官職人による「掻き落とし」があり仕上がりの見た目がちがいます。わたしの経験上多くの建物が「吹き付けリシン」

掻き落としは手間がかかり費用がかさむため、安価な吹き付けリシンが一時期流行したのが理由でしょう。

リシンの主な原料は塗料と骨材。砂などの骨材が塗料に含まれているために、見た目はザラザラした感じに見えます。

吹き付けリシンは実際に手でさわると、ザラザラ。強くさわると痛みを覚えます。

リシンも改良され、特殊な骨材を使用し、肌が触れても、それほど痛みを感じないものや、モルタルのひび割れに追従するように塗料にゴム質の機能を持たせた弾性リシンも発売されてきましたが、現在、リシンは一般住宅の主流の仕上げ工法ではありません。

リシン外壁の主な劣化症状

わたしがリシン外壁を診断する際に、よくある劣化状況は「ひび割れ」と「塗膜のはがれ」

  • 外壁のひび割れ
  • 塗膜のはがれ

外壁のひび割れ

リシン外壁の下地は、ほとんどがモルタル。

吹き付けリシンは塗膜が薄く、弾力性も乏しいために外壁にヒビが入りやすい傾向。

わたしが過去にリシン外壁の塗り替え工事をおこなった時には、やはり大きなクラック(ひび割れ)が数か所にわたりはいっていました。

塗膜の剥がれ

リシンは透湿性にはすぐれているのですが、防水性が高いとは言えない塗料。

そのためリシンの外壁は塗膜が浮いていたり、はがれていたりする事がよくあります。

見た目は、わずかなはがれであっても、その周辺の塗膜は浮いています。

わたしが過去に行ったリシン外壁の塗り替え工事のとき、実際に塗膜のはがれや、浮きを経験しています。

リシン外壁は劣化してくると、下地処理に手間がかかります。

築古のリシン外壁の塗り替え工程の一例

吹き付けリシン塗装の塗膜は薄く、しかも仕上がり艶消しなので防水性が高いとはいえません。

リシン外壁の塗り替えは防水性と透湿性を考慮した塗装工法でおこなうのがベストな選択だと考えています。

リシン外壁は劣化具合によって塗装工法を考える必要があるので、一概にこれが正しいリシン外壁の塗装工法ということはできません。

これから解説させていただくリシン外壁の塗り替え工程は、あくまで一例。リシン外壁の劣化がすすんでいる状況を想定した塗装工程になっています。

  1. 下地処理
  2. シーラー
  3. セメントフィーラー
  4. シーラー
  5. 吹き付けタイル
  6. シーラー
  7. 中塗り、上塗り

1.下地処理

高圧洗浄でリシン外壁の汚れを落とし、塗料の密着性を高めます。外壁のひび割れが進行していてる場合、ひび割れの処理を先に行います。

2.シーラー

サッシまわりなど、塗装しない部分に養生をして、浸透性のシーラーを塗ります。

リシンは経年劣化により建物の下地のモルタルとの密着性がそこなわれています。下地強化の目的で、シーラーを塗ります。

3.セメントフィーラー

リシン外壁の建物は築年数が経過している事が多いので、場合によってはセメント系の材料を塗り、細かいクラックを埋めて塗装面である外壁の下地の強化をはかります。

5.吹き付けタイル

吹き付けタイル

タイルベースという材料を吹き付け、模様をつけると同時に塗膜に厚みをもたせます。

7.中塗り、上塗り

希望の色、塗料を2回塗り外壁を仕上げます。現在おすすめの上塗り塗料はラジカル系。

このような塗装工程でリシン外壁を仕上げると、リシン外壁のザラザラした感じがうすれ、つるっとした表面の外壁になるので汚れも落ちやすくなり、防水性も向上します。

しかし、実際にこの工程でリシン外壁を塗装すると、費用がかさみます。

リシン外壁にお住まいで将来建て替えも視野に入れていらっしゃる場合は、モルタル外壁塗装の一般的な塗装工法である、下塗り、中塗り、上塗りでリシン外壁を仕上げ、塗装工事費用を抑えておくのがベター。

わたしが、過去に行ったリシン外壁の塗り替え工事でも、あまり手間をかけすぎない費用を抑えた通常の塗装工法で行った建物の方が多いです。

プロは外壁塗装をこのような工程で進めていく!手抜きを許すな!
外壁塗装で手抜き工事をされたくない!住まいの塗り替え工事中だけど、その作業工程って間違いじゃない?DIYで外壁塗装をやってみたいからプロの作業工程が知りたい!外壁塗装の費用が高額になってしまうのは、正しい作業工程には手間がかか...

リシン外壁の塗り替え相場

外壁塗装には定価が存在しないために、はっきりとした塗装工事費用をお伝えする事ができません。

しかし、あるていど相場というものがあるので、覚えておくと、悪徳業者につかまるリスクが軽減されます。

リシン外壁は、劣化具合によって下地処理に時間がかかる場合があるので、塗装工法によって、相場より高めになる可能性もあります。

外壁塗装の相場については、下の記事にまとめてあるので参考にしてください。

一戸建ての外壁塗装!相場はいくら?自宅の塗装費用が5秒でわかる!
外壁にヒビが!コーキングが劣化している!外壁をさわると白い粉が手につく!新築から10年目...住まいの外観をキレイにしたい!外壁塗装を行うのに、いくらかかるのか相場がわかりません!塗装のプロこれから...

リシン壁の外壁塗装は優良業者で

リシン外壁は古い建物が多いので、外壁の状態のみきわめが重要となります。リシン外壁の状態を判断して、最適な塗装工法で外壁塗装をおこなうには、優良業者に依頼する必要があります。

外壁塗装で優良業者をさがすには、ちょっとしたコツのようなものがあります。

外壁塗装!業者比較ランキング!プロがこっそり教える業者選び
外壁塗装をしたいけど、どの業者に頼めばいいのやら...塗装のプロ業者選びでお困りのようですね。外壁塗装の業者にはさまざまなところがあるので、あなたが迷うの当然。でも、安心してください。これから外壁塗装のプロ...

まとめ:リシン外壁は劣化している事が多いので、下地を見極め適切な外壁塗装を!

リシン外壁によく見られる劣化症状は

  • ひび割れ
  • 塗膜のうき、はがれ

いまのリシン外壁の住いに「あと何年すむのか?」を考えつつ、最適な塗装工法で大切なあなたの家を守ってください。

【FAQ】外壁塗装によくある質問にプロが回答

外壁塗装によくある質問

外壁塗装を依頼したくても業者選びに迷われている方は本当に多くいらっしゃいます。はじめての外壁塗装を行う方や失敗経験のある方には「一括見積りサービス」の活用がおすすめ。

このサービスに登録している業者はあらかじめ数項目の審査を受けています。そのため悪徳業者にだまされる確率が格段に低いのが「一括見積りサービス」のメリット。

完全無料であなたのお住いの地域に対応できる業者を数社紹介してくれます。

一括見積りサービスにもいろいろありますが、わたしが推薦しているところをご利用ください。

プロが推薦するサービス! 一括見積りサービスの詳細はコチラから

「自宅の外壁塗装っていくらかかるの?」

外壁塗装には定価というものが存在しないため工事にかかる費用がわかりづらくなっています。このことが悪徳業者の温床となる要因。

外壁塗装の費用は選択する塗料や業者によってもかわってきますが30坪くらいの一戸建てであれば80万円~120万円くらいの間におさまることが多いでしょう。

同じ工事内容でも業者がちがうだけで50万円以上も安くなることもあります。適正価格で外壁塗装を行うには業者選びが重要になってきます。

費用について あなたの住まいの外壁塗装はいくら?

外壁塗装の費用は高額です。おこなわなくて済むのであればそれに越したことはないですよね。しかし、この先も今の住まいで快適に過ごしていくためには外壁塗装は必要な工事と思ってください。

必ず行うべき理由! 外壁塗装の必要性を理解する

外壁塗装を行う際には必ず足場が必要になります。足場がないと近所にも迷惑がかかりますし、そもそもちゃんとした塗装工事を行うことができません。

必ず必要です! 外壁塗装に足場が必要な理由

外壁塗装の業界に悪徳業者が存在するのは事実です。高額な費用を支払ったのにもかかわらず数年で外壁が色あせてきたり、塗膜がはがれてきたりということが実際におきています。

訪問販売で外壁塗装を契約しないだけでも悪徳業者にだまされるリスクは軽減します。

悪徳業者について詳しくまとめた記事を用意してあるので必ずごらんください。

だまされないでください! 悪徳業者の特徴を理解しておく

外壁塗装に使用される塗料には時代によって流行のようなものがあります。そのような塗料を使用るすることで費用対効果が高くなります。

今、外壁塗装を行うのであれば「ラジカル制御型塗料」がおすすめ。

ラジカルって? プロが今、オススメする塗料とは?

外壁塗装の営業がしつこい場合、悪徳業者の可能性が高いです。根負けして契約しないように、気をつけてください。

外壁塗装の営業が頻繁にきませんか?このような状態はあなたの住まいが外壁塗装の時期にきているということ。

優良業者を見つけて外壁塗装を行うことをおすすめします。

外壁塗装の営業がしつこい! しつこい営業の断り方

 

作業工程塗料外壁塗装
外壁塗装のペイントダック
タイトルとURLをコピーしました