外壁塗装は相見積りが成功条件!?業者比較のメリットをプロが解説!

外壁塗装

外壁塗装を行いたいと思っているあなたを悩ますのが業者選び。

業者えらびの成功が外壁塗装の成功へ直結します。

業者えらびを成功させるには、複数の優良業者から相見積もりをとること。

わたしは、これまで300棟以上の建物の外壁塗装を自身の手で行ってきた経験があります。

お客様に相見積もり先の他業者の見積書を見せてもらったこともあります。

業者にとって相見積もりは決して気分の良いものではありません。
外壁塗装の業者にとって、相見積もりはライバル業者との価格競争になるからです。

しかしながら、わたしは、外壁塗装の相見積もりを強くおすすめしています。

その理由は、相見積もりを行うことで外壁塗装を失敗する確率がグンと下がるから。

あなたの外壁塗装を成功に導くための相見積もりについて、この記事にまとめました。

必ず役立つプロの情報なので最後までごらんください。

外壁塗装で相見積もりをするメリット

相見積もりにはメリットがたくさん!

外壁塗装は価格がわかりづらいサービス。

定価がないために悪徳業者の温床ともなっています。

相見積もりで、このような悪徳業者にだまされるリスクもグンとさがります。

相見積もりは大変な作業なのですが、多くのメリットがあるので必ず行うべき。

それでは、外壁塗装の相見積もりを行うメリットを見ていきましょう。

プロが思う相見積もりのメリットは?
  • 悪徳業者にだまされる事がない
  • 少しでも安い業者に依頼できる
  • 外壁塗装の相場がわかる
  • コストパフォーマンスの良い塗料がわかる
  • 外壁の面積が正しく計算されているかわかる

悪徳業者にだまされる事がない

悪徳業者は実在する!

外壁塗装の業界にはびこる悪徳業者のウワサをあなたも耳にしたことあるのではないでしょうか?

怖いはなしなのですが悪徳業者というのは実際に存在します。

わたしは外壁塗装の業界側ですが悪徳業者に実際にあったこともあります。

外壁塗装の悪徳業者は利益優先なので、高額な見積もり金額なのですが工事は手抜き。

実際に工事をする塗装業者の請負金額が安すぎるために手抜き工事になってしまいす。

だまされるな! 【直伝!】外壁塗装!悪徳業者の特徴!あなたを守るプロの知識。

高額だったのに… 外壁塗装は手抜き工事が頻発!?プロが伝える手抜き塗装の手法

外壁塗装の業界には悪徳業者もたしかにいるのですが、優良業者も多数。

数社の相見積もりをするだけで、悪徳業者にだまされる確率がぐんとさがります。

少しでも安い外壁塗装に依頼できる

同じ内容なら安いほうがいい!?

数業者の見積もりの中から一番安い業者に依頼することで、外壁塗装を安く行うことができます。

外壁塗装には相場あり、安さだけに注目してしまうと手抜き工事をされる可能性があります。

一括見積もりサービスのような優良業者を数社紹介してくるサービスもあるので活用するとよいでしょう。

楽して成功! 【外壁塗装】一括見積にデメリット?多くのメリットをプロが解説!

外壁塗装の相場がわかる

1社だけの見積もりでは、その金額が外壁塗装の適正価格なのか判断することはできないはずです。

外壁塗装の相場情報はインターネット上で確認することができますが、それはあくまでおおまかな金額。

延べ床面積 外壁面積の目安 費用相場の目安
25坪 100㎡ 75万円
30坪 120㎡ 90万円
35坪 140㎡ 105万円
40坪 160㎡ 120万円
45坪 180㎡ 135万円
50坪 200㎡ 150万円
55坪 220㎡ 165万円
60坪 240㎡ 180万円

上の表のように建物の坪数によって目安になる金額がありますが、使用する塗料、地域、立地状況、建物の劣化具合で費用は変わってきます。

相見積もりをするとわかるのですが同じ条件でも業者によって見積り金額は前後します。

コストパフォーマンスの良い塗料がわかる

塗料には流行がある!

塗料にはグレードがあるのをご存知でしょうか?

住宅の外壁塗装に使用される塗料にはさまざまなものがありグレードがあります。

グレード 耐用年数 施工単価/㎡ 代表的な塗料名称
【ニッペ】日本ペイント
【カンペ】関西ペイント
アクリル系 5~7年 1,200~1,600円
【ニッペ】ケンエース、オーデグロス 
【カンペ】アレスアクアグロス
【エスケー】水性コンポアクリル、プリーズコート
ウレタン系 8~10年 1,800~2,200円
【ニッペ】水性ファインウレタンU100
【カンペ】アレスアクアレタン、セラMレタン
【エスケー】クリーンマイルドウレタン
シリコン系 10~15年 2,500~3,000円
【ニッペ】ファインシリコンフレッシュ、ハナコレクションシリーズ、サーモアイSi
【カンペ】セラMシリコンⅢ
【エスケー】クリーンマイルドシリコン、クールタイトSi、ヤネフレッシュSi
ラジカル制御 12~15年 2,500~3,000円
【ニッペ】パーフェクトトップ
【カンペ】アレスダイナミックTOP
【エスケー】エスケープレミアムシリコン
フッ素 15~20年 3,500~4,800円
【ニッペ】ファイン4Fセラミック、サーモアイ4F
【カンペ】セラMフッソ
【エスケー】クリーンマイルドフッソ、クールタイトF
【AGCコーテッック】ルミステージ
光触媒 15~20年 4,200~5,000円
【ピアレックス・テクノロジーズ】ピュアコートANプラス
無機塗料 20~25年 4,500~5,500円
【ニッペ】ダイヤモンドコート、アプラウドシェラスターNEO
【カンペ】ムキフッソ
【エスケー】セラミタイトペイント、スーパーセラタイトF
【アステックペイント】無機ハイブリッドコートJY、スーパーシャネツサーモF

外壁塗装の経験が長い業界人ならわかるのですが、塗料には、その時代によって流行があります。

特にあなたに塗料の要望がなかければ、業者は流行の塗料で見積もりを作成することが多いです。

そのため相見積もりをすることで流行の塗料がわかるのです。

流行の塗料はコストパフォーマンスがよく、わたしもオススメしています。

塗料はいろいろ! プロ直伝!塗料の知識!外壁塗装の塗料がどれがオススメ?

外壁やその他の面積、長さが正しく計算されているかわかる

外壁塗装の費用は主に塗装する面積と長さ×単価で計算されます。

たとえば外壁の面積100㎡×シリコン塗料(単価3,000円)=30万円

外壁の面積は図面や実測から計算するのですが、相見積もりをすることで、おおよその自宅の塗装部分の面積がわかります。

業者によって面積や長さに誤差は必ず生じるのですが、3社の相見積もりで1社だけ面積や長さが他の2社とかけ離れているような場合、その業者はさけたほうがいいでしょう。

見積もりで判断! 外壁塗装の見積もりはどこでもらう?プロ直伝の見積知識!

外壁塗装で相見積もりをするデメリット

相見積もりは疲れる…

はじめての外壁塗装であったり、前回の塗装が残念ながら失敗したとかんじている方には相見積もりを強くをおすすめしています。

メリットの多い相見積もりなのですが、忙しいあなたにとってはデメリットに感じることもあるかもしれませんね。

  • あなたが優良業者を判断する必要がある
  • 複数の業者とのやりとり大変
  • 依頼しない業者には断りの連絡を入れなくてはならない
プロが思う相見積もりのデメリットとは
  • あなたが優良業者を判断する必要がある
  • 複数の業者とのやりとり大変
  • 依頼しない業者には断りの連絡を入れなくてはならない

あなたが優良業者を判断する必要がある

外壁塗装が失敗する原因は業者えらびにあります。

優良業者をうまくみつける事ができれば、外壁塗装の成功は約束されます。
しかしながら、外壁塗装の優良業者の判断は簡単ではありません。

外壁塗装の訪問営業の人が好印象だったので契約したら「実は悪徳業者だった!」という話はよくあるはなしです。

ホントにいるの!? 【直伝!】外壁塗装!悪徳業者の特徴!あなたを守るプロの知識。

相見積もりでは、あなた自身が判断した優良と思われる業者を数社見つけて、調査、見積もりを依頼することになります。

これはとてもたいへんな作業ですが、外壁塗装を成功させるためには頑張らなくていけないところ。

相見積もりは複数の業者とのやりとりが大変

相見積もりは大変…

相見積もりなので当然複数の業者に調査、見積もり依頼をする必要がありあます。

あまり多くの業者を比較する必要はありませんが、2~3社くらいの優良業者には連絡が必要になります。

はじめての外壁塗装や前回の外壁塗装がうまくいかなかった方にとって、優良業者を1社見つけるだけでも、かなり時間のかかる仕事。

それが複数となると疲れ果ててしまうことでしょう。

良さそうな業者を複数見つけて、自分で各社にすべて連絡しなくてはならない事は、思った以上に大変なのが相見積もりのデメリット。

依頼しない業者には断りの連絡を入れる必要がある

断りの連絡はしづらい…

相見積もりで複数の業者に調査、見積もり依頼をしても、実際に工事を依頼するのは1社。

依頼しなかった業者には断りの連絡を入れるのがマナー。

連絡を入れないとほどなく業者の方から連絡がくるので、気まずい思いをすることになります。

依頼する業者が決まったのであれば、早急に他の業者に断りの連絡を入れてください。

このように断るのが苦手な方にとって、相見積もり後に依頼しない業者への連絡はデメリットに感じるでしょう。

業者への断り連絡を代行!? 【外壁塗装】一括見積にデメリット?多くのメリットをプロが解説!

相見積もりで外壁塗装業者を決める手順を解説

外壁塗装で相見積もりをする場合、優良業者を自分で判断する必要があります。

  1. 外壁塗装の業者に連絡する
  2. 業者と日程調整して自宅を調査
  3. 見積もりをもらう
  4. 1~3を繰り返し、数社の見積もりをもらう
  5. 実際に外壁塗装を頼む業者を決める
  6. 依頼しない業者には断りの連絡をする

ちょっと大変に感じるかもしれませんね。

しかしながら優良業者の相見積もりを比較して実際に頼む業者を決めることで外壁塗装の成功確率が格段に上がります。

外壁塗装の相見積もりを簡単に無料で行う方法

面倒なことが無料で解決!

外壁塗装を行う事を決めたあなたが、一番大変なのが業者への連絡や対応。

複数の業者の対応は心身ともに疲れ果てます。

それでも必死に優良業者をさがして相見積もりをしないことには悪徳業者にだまされる可能性も高くなるので、頑張らなくてはいけないところ。

外壁塗装に一括見積りというサービスがあるのをご存知でしょうか?

外壁塗装の優良業者だけが登録していて、無料であなたのお住いの地域の業者を紹介してくれるサービスです。

相見積もりで比較検討した結果、依頼しなかった業者への「断りの連絡」もあなたに代わっておこなってくれます。

しかも外壁塗装の専門のアドバイザーが在籍しているので、外壁塗装についてわからない事を気軽に聞くことができます。

業者に直接聞くより第三者の目線で公平にアドバイスをしてくれるところがいいですね。

外壁塗装の業者選びが不安な方、自信のないかた、ちょっと面倒に感じる方は外壁塗装の一括見積もりサービスの利用が向いています。

ホントに無料!? 外壁塗装の一括見積サイト比較!プロがすすめる見積サイト3選!

まとめ:外壁塗装の相見積もりは大変だけど、必ず行うべし!

相見積もりのメリットとデメリットをおさらいしておきましょう。

相見積もりのメリット
  • 悪徳業者にだまされる事がない
  • 少しでも安い業者に依頼できる
  • 外壁塗装の相場がわかる
  • コストパフォーマンスの良い塗料がわかる
  • 外壁の面積が正しく計算されているかわかる
相見積もりのデメリット
  • あなたが優良業者を判断する必要がある
  • 複数の業者とのやりとり大変
  • 依頼しない業者には断りの連絡を入れなくてはならない

外壁塗装は業者選びが成功のすべて。

その業者選びが一番あなたの頭を悩ますことでしょう。

相見積もりでにはデメリットもありますが、メリットのほうがはるかに大きいので必ず行うようにしてください。

あなたの外壁塗装の成功を心より願っております。

【FAQ】外壁塗装によくある質問にプロが回答

外壁塗装によくある質問

外壁塗装を依頼したくても業者選びに迷われている方は本当に多くいらっしゃいます。はじめての外壁塗装を行う方や失敗経験のある方には「一括見積りサービス」の活用がおすすめ。

このサービスに登録している業者はあらかじめ数項目の審査を受けています。そのため悪徳業者にだまされる確率が格段に低いのが「一括見積りサービス」のメリット。

完全無料であなたのお住いの地域に対応できる業者を数社紹介してくれます。

一括見積りサービスにもいろいろありますが、わたしが推薦しているところをご利用ください。

プロが推薦するサービス! 一括見積りサービスの詳細はコチラから

「自宅の外壁塗装っていくらかかるの?」

外壁塗装には定価というものが存在しないため工事にかかる費用がわかりづらくなっています。このことが悪徳業者の温床となる要因。

外壁塗装の費用は選択する塗料や業者によってもかわってきますが30坪くらいの一戸建てであれば80万円~120万円くらいの間におさまることが多いでしょう。

同じ工事内容でも業者がちがうだけで50万円以上も安くなることもあります。適正価格で外壁塗装を行うには業者選びが重要になってきます。

費用について あなたの住まいの外壁塗装はいくら?

外壁塗装の費用は高額です。おこなわなくて済むのであればそれに越したことはないですよね。しかし、この先も今の住まいで快適に過ごしていくためには外壁塗装は必要な工事と思ってください。

必ず行うべき理由! 外壁塗装の必要性を理解する

外壁塗装を行う際には必ず足場が必要になります。足場がないと近所にも迷惑がかかりますし、そもそもちゃんとした塗装工事を行うことができません。

必ず必要です! 外壁塗装に足場が必要な理由

外壁塗装の業界に悪徳業者が存在するのは事実です。高額な費用を支払ったのにもかかわらず数年で外壁が色あせてきたり、塗膜がはがれてきたりということが実際におきています。

訪問販売で外壁塗装を契約しないだけでも悪徳業者にだまされるリスクは軽減します。

悪徳業者について詳しくまとめた記事を用意してあるので必ずごらんください。

だまされないでください! 悪徳業者の特徴を理解しておく

外壁塗装に使用される塗料には時代によって流行のようなものがあります。そのような塗料を使用るすることで費用対効果が高くなります。

今、外壁塗装を行うのであれば「ラジカル制御型塗料」がおすすめ。

ラジカルって? プロが今、オススメする塗料とは?

外壁塗装の営業がしつこい場合、悪徳業者の可能性が高いです。根負けして契約しないように、気をつけてください。

外壁塗装の営業が頻繁にきませんか?このような状態はあなたの住まいが外壁塗装の時期にきているということ。

優良業者を見つけて外壁塗装を行うことをおすすめします。

外壁塗装の営業がしつこい! しつこい営業の断り方

 

外壁塗装屋根塗装業者関連知識系費用相場
外壁塗装のペイントダック
タイトルとURLをコピーしました