屋根塗装は雨の翌日でも大丈夫?雨上がりは乾燥状態が大事!

屋根塗装は雨の翌日でも大丈夫? 屋根塗装

雨の日に屋根塗装ができないのはわかるけど、雨上がりの場合はどうなのでしょうか?

ちょっと気になりますよね??

塗装の基本は塗装面が乾燥している事。

屋根が濡れている状態、水分を含んでいる状態の上からの塗装は塗膜がはがれる原因になります。

わたしはこれまで30年にわたり、様々な種類の屋根の塗装を行ってきました。雨上がり後の屋根塗装の経験もありますが、その事が原因でトラブルになったことはありません。

この記事では雨の翌日の屋根塗装について解説しています。

外壁はコチラ! プロが語る雨の翌日の外壁塗装!雨上がり後に塗装は可能!?

雨の翌日に屋根塗装はできる?

雨の翌日に屋根塗装はできるのか?
スレート屋根

「雨の翌日に屋根の塗装をしても大丈夫??」

結論からお伝えすると

「屋根の材質や雨の降り方で大丈夫な場合もあります。」

塗装で重要視するのは塗装面の乾燥になります。屋根塗装であれば屋根が乾燥していれば塗装OKということになります。

夏場は乾燥がはやいので雨の翌日でも問題なく屋根塗装ができることが多いですね。

朝方まで雨が降っていた場合

朝まで雨が降っていた場合、屋根は当然のことながら雨水で濡れています。

当日の塗装は避けたほうが無難といえます。

しかしながら前日までに下塗り中塗りが終わっている状態であれば、上塗り塗装も可能な場合も。

屋根に塗った中塗り塗料は防水性があるため、雨を弾きます。ワックスがしっかりかかった車のような感じをイメージしてください。

屋根の雨水を拭いたり、屋根材の重ね目に溜まった雨水をエアーで除去したりして乾燥後、塗装作業にはいります。

屋根材の重ね目については後ほど解説。

屋根の下塗りから塗装を始める場合、表面が乾燥しているように見えても屋根材の中は湿気を含んでいるので後日にしたほうが良いでしょう。

前日までに雨がやんでいた場合

屋根塗装の前日夜までに雨がやんでいた場合、季節によっては塗装可能。具体的には夏場は夜でも気温高いので屋根も乾燥がすすみます。

一方気温の低い季節では、屋根の乾燥もすすみません。

実際に屋根の塗装作業を行うかどうかは、経験のある職人の判断に委ねられます。

塗装面の乾燥状態は、洗濯物の乾燥をイメージするとわかりやすいですね。

ちょっと厚手の衣類などは、表面が乾燥しているように見えても触ってみるとまだ湿っている状態のことがありますよね?

屋根が湿気を含んでいる状態での塗装は、のちのち塗膜はがれの原因に。

実際にプロが行う雨上がりの屋根塗装

プロが行う雨の翌日の屋根塗装
雨の翌日のスレート屋根塗装

外壁塗装や屋根塗装は塗装面の状態には気を使います。

そのなかでも乾燥状態はプロが重要視する項目。汚れや湿気は塗膜はがれの原因になることが多いからです。

塗装する屋根の材質で多いのがスレート屋根。コロニアルともよばれるタイプの屋根材。

もっとも普及しているスレート屋根は厚さ5ミリ程度の屋根材を重ねて貼ってあります。雨が降ると毛細管現象によってスレート材の重ね目に雨水が侵入。

雨がやんで翌日、スレート屋根の表面が乾燥していても、スレート材の重ね目に雨水がたまっていることがあります。

雨水が溜まっている状態ではなかなか乾燥しないために、エアーでスレートの重ね目に溜まった雨水を吹き飛ばしておきます。

その後、屋根全体の乾燥をまって塗装に入っていきます。

工程が気になる! プロ直伝!屋根塗装 の工程 !スレート屋根の塗装方法!

屋根塗装の最中に雨が降ってきた場合

屋根塗装で突然の雨
屋根塗装で突然の雨!大丈夫!?

この情報時代、雨雲の動きを簡単にスマートフォンなどで確認することができます。当然のことながら塗装職人も天候状態を常に意識。

良識ある塗装職人であれば、雨雲がせまってきている状況下で屋根塗装を行うことはありません。

しかしながら予想できない突然の雨に見舞われることもありますよね。

屋根塗装中にこのように突然雨が降ってきたら、どうなるのでしょうか。

当然ながら、雨が降ってきたら、もしくは降りそうだと思っったら屋根塗装は中断します。

「塗ったばかりの塗装は雨でながされたりしないの?」

多くの状況下では、屋根を塗ったばかりであっても塗料が流されるようなことはないと思っていいでしょう。ながされたとしても、ほんの一部分に限られます。

屋根塗装は塗料がすぐに乾くために流されるような心配は無用。

屋根塗装中の突然の雨は作業を中断して、また屋根の乾燥をまって作業を再開すれば問題ありません。

外壁は平気? プロが語る雨の翌日の外壁塗装!雨上がり後に塗装は可能!?

まとめ:雨の翌日の屋根塗装は乾燥状態の見極めが重要!

雨の翌日、雨上がり後に屋根を塗装されるのは不安ですよね。塗装面の乾燥は塗装の基本。

良識のある職人、業者であれば重要視する点。

前日に雨が降っていたとしても、屋根が乾燥していると判断できる場合は屋根塗装をおこなっても問題ありません。

屋根の乾燥状態が気になる場合は、外壁塗装の依頼先の担当者、責任者に説明をもとめてください。優良業者であればこころよく対応してくれます。

わたし個人的には乾燥状態が十分だと判断できても、お客様が納得されない様子であれば、塗装するまでの時間をさらに設けます。

外壁塗装はストレスだらけ? 前もってプロが伝える外壁塗装の工事中に感じる9つのストレス

【FAQ】外壁塗装によくある質問にプロが回答!

外壁塗装を依頼したくても業者選びに迷われている方は本当に多くいらっしゃいます。はじめての外壁塗装を行う方や失敗経験のある方には「一括見積りサービス」の活用がおすすめ。

このサービスに登録している業者はあらかじめ数項目の審査を受けています。そのため悪徳業者にだまされる確率が格段に低いのが「一括見積りサービス」のメリット。

完全無料であなたのお住いの地域に対応できる業者を数社紹介してくれます。

一括見積りサービスにもいろいろありますが、わたしが推薦しているところをご利用ください。

プロが推薦するサービス! 一括見積りサービスの詳細はコチラから

「自宅の外壁塗装っていくらかかるの?」

外壁塗装には定価というものが存在しないため工事にかかる費用がわかりづらくなっています。このことが悪徳業者の温床となる要因。

外壁塗装の費用は選択する塗料や業者によってもかわってきますが30坪くらいの一戸建てであれば80万円~120万円くらいの間におさまることが多いでしょう。

同じ工事内容でも業者がちがうだけで50万円以上も安くなることもあります。適正価格で外壁塗装を行うには業者選びが重要になってきます。

費用について あなたの住まいの外壁塗装はいくら?

外壁塗装の費用は高額です。おこなわなくて済むのであればそれに越したことはないですよね。しかし、この先も今の住まいで快適に過ごしていくためには外壁塗装は必要な工事と思ってください。

必ず行うべき理由! 外壁塗装の必要性を理解する

外壁塗装を行う際には必ず足場が必要になります。足場がないと近所にも迷惑がかかりますし、そもそもちゃんとした塗装工事を行うことができません。

必ず必要です! 外壁塗装に足場が必要な理由

外壁塗装の業界に悪徳業者が存在するのは事実です。高額な費用を支払ったのにもかかわらず数年で外壁が色あせてきたり、塗膜がはがれてきたりということが実際におきています。

訪問販売で外壁塗装を契約しないだけでも悪徳業者にだまされるリスクは軽減します。

悪徳業者について詳しくまとめた記事を用意してあるので必ずごらんください。

だまされないでください! 悪徳業者の特徴を理解しておく

外壁塗装に使用される塗料には時代によって流行のようなものがあります。そのような塗料を使用るすることで費用対効果が高くなります。

今、外壁塗装を行うのであれば「ラジカル制御型塗料」がおすすめ。

ラジカルって? プロが今、オススメする塗料とは?

外壁塗装の営業がしつこい場合、悪徳業者の可能性が高いです。根負けして契約しないように、気をつけてください。

外壁塗装の営業が頻繁にきませんか?このような状態はあなたの住まいが外壁塗装の時期にきているということ。

優良業者を見つけて外壁塗装を行うことをおすすめします。

外壁塗装の営業がしつこい! しつこい営業の断り方

屋根塗装知識系
外壁塗装のペイントダック
タイトルとURLをコピーしました