うそでしょ!外壁塗装で高圧洗浄しない事ってあるの??

高圧洗浄をしない事ってあるの? 作業工程

外壁塗装の工程は足場の設置がおわると、多くの場合、高圧洗浄を行います。

建物の立地状況や外壁の種類によっては高圧洗浄をしない事もないわけではありません。

わたしがこれまで多くの建物の高圧洗浄を行ってきました。

これまで自身で300棟以上の建物の外壁塗装を行ってきましたが、高圧洗浄をおこなわなかった建物は数棟。

このことから外壁塗装の際には必ず行う作業。

と思ってもらってもいいでしょう。

お住まいの外壁塗装の真っ最中でしょうか??

  • 高圧洗浄するまえに塗り出してるけど平気?
  • これって手抜き工事じゃないの?
  • 外壁塗装に詳しい第三者の意見を聞きたい..

この記事は「高圧洗浄をしない場合はあるのか?」「高圧洗浄をしない場合どうなるの?」

この2つに焦点をあてた内容になっています。

あっという間に… プロが回答!外壁塗装の高圧洗浄が2時間!?これって手抜きじゃ!?

高圧洗浄をしないとどうなるの?

高圧洗浄をしないとどうなる?
高圧洗浄しなくても大丈夫!?

塗装業者が高圧洗浄をしないで外壁の塗装をはじめてしまった!

めったにあることではないですが、万が一高圧洗浄を行わなかった場合、どんな不具合がおこるのでしょうか。気になるところですよね。

外壁塗装に高圧洗浄の工程があるのには重要な意味があります。それは塗装面をキレイにして塗料の密着をよくするということ。

長年、雨風、紫外線にさらされた外壁はホコリや塗膜が劣化した粉で汚れています。

塗膜が劣化した粉とは? 外壁チョーキング現象!外壁をさわると手につく白い粉の正体!

塗料はホコリなどで塗装面が汚れた状態のまま塗装した場合、付きがわるく短期間で塗膜が剥がれる原因になります。

このような事から高圧洗浄をしない場合、

数年で塗料がはがれてくる可能性が高くなります。

外壁塗装で高圧洗浄しないことってある?

高圧洗浄をしないことはあるのか?
高圧洗浄をしないケースはレア

外壁塗装の際に高圧洗浄をしないということは非常にまれなケースといえます。

・高圧洗浄を行わなかったケース

住まいの外壁がトタン。古い住まいでサッシや破風も木製。

手作業で外壁にサンドペーパーをあてて、ほうき、ブロワーでホコリを除去。

高圧洗浄を行うと、外壁内部に水が浸透してもおかしく内容な状況だったので、手作業で塗装面の清掃を行いました。

さまざまな状況が重なって高圧洗浄をしない方向で外壁塗装を行いましたが、現在このようなケースは滅多にないでしょう。

 外壁塗装に高圧洗浄はつきもの

必ずしも足場設置の次は高圧洗浄とは限らない

高圧洗浄の工程
外壁塗装の工程例

「足場の設置は終わっているのに高圧洗浄をする気配がない」

外壁塗装では足場の設置の次の工程は高圧洗浄というのが一般的。

しかしながら高圧洗浄を後回しにしたほうが良い状況もあります。

そのような建物の状況とは外壁に大きなひび割れがある場合、コーキングが著しく劣化している場合です。

危ない! 外壁にヒビ割れを見つけた!現役プロが伝えるヒビ割れ対処法!

業者が使用する高圧洗浄の機械はケルヒャーに代表されるようなホームタイプのものとは違いその水圧はケガをしかねないほど。

もう、これをご覧のあなたには想像がつくはずです。

割れ外壁の内側には防水シートがはられていますが、劣化していた場合は建物の骨組みである木材が濡れてしまうと

腐りやすくシロアリも発生しやすいい環境になってしまいます。

大きな幅の広いひび割れが外壁にあった場合、このような事も想定されるので先にひび割れを補修してから高圧洗浄を行う業者もいます。

どうなるの? 外壁のヒビ割れを放置は危険!ヒビ割れ放置がダメな3つの理由!

サイディング外壁のコーキングについても同じ事がいえます。

もうひとつ実例をあげておきます。

割れ数年後、塗膜があちこちはがれている状態。

このときは先に電動工具サンダーで浮いた塗膜を除去してから高圧洗浄をおこないました。

塗膜を除去すると、土埃がでてくる状態だったので先に塗膜をはがし高圧洗浄で塗装面の清掃を行い塗料の密着性を高めるためです。

悪徳業者は高圧洗浄をしない?

悪徳業者は高圧洗浄をしない?
だまされないで…

なんらか事情で見積書に高圧洗浄の項目が書かれてない事もあるかもしれません。

そのような場合は塗装業者から事前に説明されるので不安に思うこともないでしょう。

問題なのは見積書に高圧洗浄の項目の記載があるにもかかわらず高圧洗浄をしない業者。

このような塗装業者は下請け業者。ひょっとすると下請け業者の下請けかも。

大切な住まいを守れ! 外壁塗装は手抜き工事が頻発!?プロが伝える手抜き塗装の手法

下請け業者は中間マージンをひかれた工事価格で依頼をうけるので手抜き工事になりがち。

まともに工事を行える金額ではないことと、業者のモラルの問題。

このような業者の場合、手間をおしんで高圧洗浄をしない場合もあります。

めったにない例なのですが、もしこれから外壁塗装をおこなうのであれば業者えらびは重要。

成功法則! プロ直伝!外壁塗装の業者の選び方!業者選びが成功のすべて!?

失敗しない! 外壁塗装の優良業者はどこにいる?プロが伝える業者選びのポイント

まとめ:高圧洗浄をしない事はほぼない!

高圧洗浄とは塗料の密着性を向上させる大切な下地処理。こんな重要な工程を省くような事は、ほぼない!といえます。

もし、外壁塗装の工事中で業者が高圧洗浄をする様子がない場合、早めに担当者に聞いてみるべきです。

ひび割れ処理など下地処理を高圧洗浄の前に行う場合もあります。

あっという間に… プロが回答!外壁塗装の高圧洗浄が2時間!?これって手抜きじゃ!?

【FAQ】外壁塗装によくある質問にプロが回答

外壁塗装によくある質問

外壁塗装を依頼したくても業者選びに迷われている方は本当に多くいらっしゃいます。はじめての外壁塗装を行う方や失敗経験のある方には「一括見積りサービス」の活用がおすすめ。

このサービスに登録している業者はあらかじめ数項目の審査を受けています。そのため悪徳業者にだまされる確率が格段に低いのが「一括見積りサービス」のメリット。

完全無料であなたのお住いの地域に対応できる業者を数社紹介してくれます。

一括見積りサービスにもいろいろありますが、わたしが推薦しているところをご利用ください。

プロが推薦するサービス! 一括見積りサービスの詳細はコチラから

「自宅の外壁塗装っていくらかかるの?」

外壁塗装には定価というものが存在しないため工事にかかる費用がわかりづらくなっています。このことが悪徳業者の温床となる要因。

外壁塗装の費用は選択する塗料や業者によってもかわってきますが30坪くらいの一戸建てであれば80万円~120万円くらいの間におさまることが多いでしょう。

同じ工事内容でも業者がちがうだけで50万円以上も安くなることもあります。適正価格で外壁塗装を行うには業者選びが重要になってきます。

費用について あなたの住まいの外壁塗装はいくら?

外壁塗装の費用は高額です。おこなわなくて済むのであればそれに越したことはないですよね。しかし、この先も今の住まいで快適に過ごしていくためには外壁塗装は必要な工事と思ってください。

必ず行うべき理由! 外壁塗装の必要性を理解する

外壁塗装を行う際には必ず足場が必要になります。足場がないと近所にも迷惑がかかりますし、そもそもちゃんとした塗装工事を行うことができません。

必ず必要です! 外壁塗装に足場が必要な理由

外壁塗装の業界に悪徳業者が存在するのは事実です。高額な費用を支払ったのにもかかわらず数年で外壁が色あせてきたり、塗膜がはがれてきたりということが実際におきています。

訪問販売で外壁塗装を契約しないだけでも悪徳業者にだまされるリスクは軽減します。

悪徳業者について詳しくまとめた記事を用意してあるので必ずごらんください。

だまされないでください! 悪徳業者の特徴を理解しておく

外壁塗装に使用される塗料には時代によって流行のようなものがあります。そのような塗料を使用るすることで費用対効果が高くなります。

今、外壁塗装を行うのであれば「ラジカル制御型塗料」がおすすめ。

ラジカルって? プロが今、オススメする塗料とは?

外壁塗装の営業がしつこい場合、悪徳業者の可能性が高いです。根負けして契約しないように、気をつけてください。

外壁塗装の営業が頻繁にきませんか?このような状態はあなたの住まいが外壁塗装の時期にきているということ。

優良業者を見つけて外壁塗装を行うことをおすすめします。

外壁塗装の営業がしつこい! しつこい営業の断り方

 

作業工程外壁塗装屋根塗装知識系
外壁塗装のペイントダック
タイトルとURLをコピーしました